北杜夫の『船乗りクプクプの冒険』は、すべてのちびっ子必読の本!とまでは言わないが、子どもに読んであげると、きっと喜ぶ

      2015/06/16

Pocket

seagal

『船乗りクプクプ』の冒険は、小学生のときに夢中になって読んだ思い出の本です。

ほんと、面白い。

マンガのようにサクッとよめ、なおかつ、ほろりとさせ、なにか深く心にのしかかる要素もあるというすぐれ本。

「海賊王に俺はなる!」の『ワンピース』を何巻もダラダラ延々と読むよりも、この小さな本の中には、それを遥かに凌駕する冒険と知恵と勇気が凝縮されているのです。

今、息子には、寝る前に『ホームレス中学生』を読んであげていて、あと10ページぐらいで読み終わるのですが、これが終わったらつぎは、『クプクプ』を読んであげようと思います。

俺の子だから、きっとクプクプには大爆笑してハマるに違いない(笑)。

そういえば、私は、昔、これを読みながら自分のことクプクプだと思っていた(笑)。

それでは今日はこのへんで。

さようなら、バイバイよ!←劇中に登場するキタモリオ氏のキメゼリフ

記:2008/03/18(from「趣味?ジャズと子育てです」)

 - , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。