カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

ジャズ地獄への招待状

      2018/01/11

Pocket

frame

ジャズファンの間では、知らぬ人のいない(はず?)評論家3人。

岩浪洋三、寺島靖国、中山康樹。

『ジャズ地獄への招待状』は、お三方の批評のスタンスやキャラを知ったうえで読むと、この上なく面白い書物なのです。

特に、中山氏による「岩浪」が面白い。

誇張と脚色だらけの内容でありながらも、岩浪氏の人となりが、会ったことがない人でも会ってみたくなるほどの描写なのです。

記:2003/05/21

 - 音楽本 , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。