音版「カフェモンマルトル」(YouTube)もやっています♪

独特な色味の工事現場用デジカメBig Job

独特な色味の工事現場用デジカメBig Job

雑誌用の写真を撮影

先日購入した富士フィルムの工事現場専用デジカメ「big job」で息子を撮影してみました。

けっこう色彩が濃密というか、特徴があるんですよね。

オレンジはオレンジ、緑は緑の感じが強調されているというか。

濃密に色が詰まった感じは、オリンパスとは対極かもしれません。

オリンパスの場合は、以下の写真のように透明感があるというか淡い色彩が美しい感じ。

crane

レンズの違いも大きいんでしょうが、内部のメカがどう画像を処理するかの違いも大きいんでしょうね。

Big Jobが濃密なとらやの羊羹だとすると、オリンパスはさらりとした味わいの水羊羹みたいな。
……ちょっと違うか。

で、実際、この写真は雑誌のグッズページに5×7センチほどの大きさで掲載してみましたが、撮影したときの色そのままの色校が出てきました。

個々の色合いの主張とメリハリがハッキリしているので、雑誌には向いているかも。印刷後のイメージとのギャップが少なく、印刷時のイメージを念頭において作業が進められるという点においては重宝かもしれません。

ただ、料理とかファッション雑誌や記事に関しては微妙かもしれませんが。

記:2005/02/14

関連記事

>>工事現場用デジカメと局地戦闘機

雑想 雑記カテゴリの最新記事