本 - カフェモンマルトル - 13ページ

カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

「 本 」 一覧

菊地成孔の本と文章

スペインの宇宙食/菊地成孔 菊地成孔の本が面白い。 さすが、山下洋輔のグループに ...

エトロフ発緊急電/佐々木譲

2005/02/25   小説

昔、NHKが放送していたドラマに『エトロフ遥かなり』という番組がありまして、これ ...

【読書記録】2004年

2004/12/31  

『トヨタ式であなたの仕事は変わる!  自分「カイゼン」術』222 監修:若松義人 ...

読書は歯磨き

2004/09/09   , ,

小説は味わうものだから別として、実用書や自己啓発書などは、比較的私は読書スピード ...

読んだ本の殆どは、どんどん処分してしまう私についての話

2004/04/25  

私の場合、読み終わった本は、ほとんどの場合、古本屋に売るか、人にあげてしまうかに ...

マイルス海賊盤ガイドの決定版!

マイルスファン、いや、マイルスフリーク必携本の登場です! マイルス海賊盤(ブート ...

ドラッカーのリーダー論

以下、ピーター・F・ドラッカーの「リーダー論」の要約。 ・リーダーシップは、いわ ...

【読書記録】2003年

2003/12/31  

『できる人の「朝の時間」の使い方』197 黒川康正 大和書房 ビフォア9 この2 ...

春樹とカフカ

2003/07/13  

『海辺のカフカ』を書いたからというわけではなけれど、村上春樹ってけっこうカフカ的 ...

ジャズ地獄への招待状

ジャズファンの間では、知らぬ人のいない(はず?)評論家3人。 岩浪洋三、寺島靖国 ...

【読書記録】2002年

2002/12/31  

『なぜ男は暴力をふるうのか』212 高井高盛 新書y032 洋泉社 12/31読 ...

ジパング/かわぐちかいじ

『ジパング』。 ピンク・レディの《ジパング》ではない。 ここでは、かわぐちかいじ ...

比較バカ〜勢古浩爾『まれに見るバカ』を読んで

勢古浩爾の『まれに見るバカ』(洋泉社)は快著だ。 世に溢れる様々なバカの生態を分 ...

【読書記録】2001年

2001/12/31  

『山本弘(と学会会長)のハマりもの』134 山本 弘 洋泉社 12/31読了 デ ...

都会に住む男女の淋しさと優しさに溢れた片岡義男の『人生は野菜スープ』

コドモには理解不能な大人の世界 私が片岡義男の『人生は野菜スープ』をはじめて読ん ...

ギル・エヴァンス 音楽的生涯

ギル・エヴァンス音楽的生涯 最近読んだジャズの本で興味深かったのが、『ギル・エヴ ...

本・情報について雑想

雑想1 吉田松陰の松下村塾では、『孟子』、『資治通鑑』、さらには『農業全書』や『 ...

喰ふ!喰ひまくる!『鮫肌男と桃尻女』の感想

※以下のテキストは、今から2年ほど前に、私がある個人サイトに投稿した原稿をそのま ...

【読書記録】2000年

2000/12/31  

『パソコン流行キーワード100』114 DOS/V user編集部/編 宝島社 ...

父・支那虎一城と影道総帥/リングにかけろ2

現在『スーパー・ジャンプ』に連載中の『リングにかけろ!2』には、主人公の剣崎麟童 ...