カフェモンマルトル

text:高野雲

*

「 本 」 一覧

史上最高のギタリストは誰だ?/月刊プレイボーイ2006年11月号

PLAYBOY (プレイボーイ) 日本版 2006年 11月号 [雑誌] クラプ ...

世界最高のジャズ/原田和典

2006/08/15   ,

原田氏渾身の改作! この人、絶対鼻血を出しながら書いているよ! 魂をすり減らしな ...

ハワイで読了『嫌われ松子の一生』

ハワイへ行ってきました。 行きの飛行機で『嫌われ松子の一生』の上巻を読み始めたら ...

ジャズ本 新刊2冊紹介

2006/03/25  

現在読み中の本は、相倉 久人&山下洋輔『相倉久人の超ジャズ論集成』。 相倉久人。 ...

『ジャズ構造改革』 トークイベント記

2006/03/19   , ,

先日、ジャズ喫茶「いーぐる」のイベントに顔を出してきました。 『ジャズ構造改革』 ...

最もセクシーなアジアの美女100人

今月の月刊『PLAYBOY』はそそる企画です。 “最もセクシーなアジアの美女10 ...

アタマにくるJAZZ本『ジャズ構造改革~熱血トリオ座談会』後藤雅洋+中山康樹+村井康司

う~ん、一言「アタマにくる」。 なにがって? この本です、この本。 先日発売され ...

さわりで覚えるジャズ・ヴォーカルの名曲25選

2006/02/21   ,

「おさわり本」発売されました! 「さわり」で気軽にジャズに触れよう! 私が執筆に ...

JAZZピアノ・トリオ名盤500/寺島靖国

2006/02/15   ,

書店のジャズコーナーを覗くと、覗くたびに平積みが減っているので、売れ行き好調なよ ...

歴史小説の楽しみは、ジャズの楽しみに似ている。

2006/01/18   , ,

歴史を「学ぶ」と「楽しむ」は似ているようで、別な話だと思います。 たとえば、時代 ...

「できる人」の時間の使い方~なぜか、「時間と心に余裕のある人」の技術と習慣~/箱田忠昭

2006/01/13  

なんか、たまりにたまった疲れが一気に爆発しちゃったのかどうかは分からないけど、昨 ...

『エルマーと16ぴきのりゅう』に夢中。

息子と出かけるときは、必ず本を持たせるようにしています。 電車で移動することが多 ...

【読書記録】2005年

2005/12/31  

『もしも義経にケータイがあったなら』213 鈴木輝一郎 新潮新書 義経ってバカ? ...

柳沢きみおワールドを深く知るには『朱に赤』と『青き炎』が不可欠

2005/11/18  

只野仁 最近我が家ではなぜか高橋克典がブームですが、それにともなって1ヵ月ぐらい ...

竜と猿と山手線

2005/11/08   , ,

本日は、息子の保育園で「お楽しみ会」があるようです。 親も参加可能なのですが、私 ...

200CD 菊地成孔セレクション―ロックとフォークのない20世紀/菊池成孔

2005/11/05  

200CD 菊地成孔セレクション―ロックとフォークのない20世紀 (学研200音 ...

最近のジャズ本~2005年秋

最近、ジャズ本の新刊がどしどし出てきていますね。 たとえば、おお、ついに出たか! ...

エヴァンスを聴け!/中山康樹

エヴァンスを聴け! 超名ガイド『マイルスを聴け!』の著者、中山康樹氏が放つ次なる ...

TALKIN’ ジャズ×文学/平野啓一郎・小川隆夫

TALKIN’ジャズ×文学 いやはや、この本、予想以上に面白かった。 特に、平野 ...

オーケストラ楽器別人間学

昨日は、東野圭吾の小説を映画化した『変身』の試写会を観てきました。 原作は読んで ...

ジャズの名盤入門/中山康樹

中山康樹氏の『ジャズの名盤入門』は、良書かつ快著と言っても良い。 すべてのジャズ ...

のだめカンタービレ

2005/09/16   , ,

面白い漫画を見つけました。 のだめカンタービレ(1) 一言で言えば「クラシックコ ...

泣いた赤おに

うちは子供に何時になったら寝なさいといったことは一切言ってません。 昔、バンドに ...

ふたたび『泣いた赤おに』

『仮面ライダー響鬼』の影響か、息子の“鬼”への関心が高まっています。 まだ観に行 ...

ブックオフ考

2005/07/13  

新しい or 古い 私はよく近所のブックオフを利用している。 いらなくなった本を ...

菊地成孔の本と文章

スペインの宇宙食/菊地成孔 菊地成孔の本が面白い。 さすが、山下洋輔のグループに ...

【読書記録】2004年

2004/12/31  

『トヨタ式であなたの仕事は変わる!  自分「カイゼン」術』222 監修:若松義人 ...

読書は歯磨き

2004/09/09   , ,

小説は味わうものだから別として、実用書や自己啓発書などは、比較的私は読書スピード ...

読んだ本の殆どは、どんどん処分してしまう私についての話

2004/04/25  

私の場合、読み終わった本は、ほとんどの場合、古本屋に売るか、人にあげてしまうかに ...

マイルス海賊盤ガイドの決定版!

マイルスファン、いや、マイルスフリーク必携本の登場です! マイルス海賊盤(ブート ...

坂本龍一のドラム

早いもので発表されてから19年も経ってしまった立花ハジメの『H』だが、いつ聴いて ...

ドラッカーのリーダー論

以下、ピーター・F・ドラッカーの「リーダー論」の要約。 ・リーダーシップは、いわ ...

【読書記録】2003年

2003/12/31  

『できる人の「朝の時間」の使い方』197 黒川康正 大和書房 ビフォア9 この2 ...

ジャズ地獄への招待状

ジャズファンの間では、知らぬ人のいない(はず?)評論家3人。 岩浪洋三、寺島靖国 ...

【読書記録】2002年

2002/12/31  

『なぜ男は暴力をふるうのか』212 高井高盛 新書y032 洋泉社 12/31読 ...

ジパング/かわぐちかいじ

『ジパング』。 ピンク・レディの《ジパング》ではない。 ここでは、かわぐちかいじ ...

比較バカ〜勢古浩爾『まれに見るバカ』を読んで

勢古浩爾の『まれに見るバカ』(洋泉社)は快著だ。 世に溢れる様々なバカの生態を分 ...

【読書記録】2001年

2001/12/31  

『山本弘(と学会会長)のハマりもの』134 山本 弘 洋泉社 12/31読了 デ ...

都会に住む男女の淋しさと優しさに溢れた片岡義男の『人生は野菜スープ』

コドモには理解不能な大人の世界 私が片岡義男の『人生は野菜スープ』をはじめて読ん ...

ギル・エヴァンス 音楽的生涯

ギル・エヴァンス音楽的生涯 最近読んだジャズの本で興味深かったのが、『ギル・エヴ ...

喰ふ!喰ひまくる!『鮫肌男と桃尻女』の感想

※以下のテキストは、今から2年ほど前に、私がある個人サイトに投稿した原稿をそのま ...

【読書記録】2000年

2000/12/31  

『パソコン流行キーワード100』114 DOS/V user編集部/編 宝島社 ...

個人的柳沢きみお作品ベスト3

2000/06/07  

面白さは絵の巧拙ではない 柳沢きみおの漫画が好きだ。 彼が描き出す決して絵がウマ ...

【読書記録】1999年

1999/12/31  

『田辺聖子の今昔物語』109 田辺聖子 角川文庫 12/31 『街道をゆく39 ...

【読書記録】~1998年

1998年 ●『the ultimate visual data of YMO ...