カフェモンマルトル

text:高野雲

*

「 ジャズ 」 一覧

J.R.モンテローズ/J.R.モンテローズ

J.R.Monterose 人の味覚が年とともに変化するように、ジャズの好みも年 ...

アイ・コンセントレイト・オン・ユー/リー・コニッツ&レッド・ミッチェル 

I Concentrate On You リー・コニッツ(as)と、レッド・ミッ ...

バードランドの夜 vol.1/アート・ブレイキー

A Night At Birdland vol.1 このアルバムの素晴らしさを前 ...

デトロイト・ニューヨーク・ジャンクション/サド・ジョーンズ

Detroit-New York Junction 滋味ジャズ 玄人向けのジャズ ...

コンプリート・ブルーノート・レコーディング/セロニアス・モンク

Complete Blue Note Recordings 47年から52年にか ...

ジーニアス・オブ・モダン・ミュージック Vol.1/セロニアス・モンク

Genius Of Modern Music vol.1 セロニアス・モンクの生 ...

ジーニアス・オブ・モダン・ミュージック Vol.2/セロニアス・モンク

Genius Of Modern Music vol.2 セロニアス・モンクが作 ...

アット・ザ・カフェ・ボヘミア vol.2/アート・ブレイキー&ザ・ジャズメッセンジャーズ

At the Cafe Bohemia vol.2 聴きどころ満載のアルバムだ。 ...

ジ・エミネント・J.J.ジョンソン Vol.2/J.J.ジョンソン

Vol. 2-Eminent J.J. Johnson 「vol.1」がビ・バッ ...

ジ・エミネント・J.J.ジョンソン Vol.1/J.J.ジョンソン

The Eminent J.J.Johnson vol.1 ほんの数音でタイムス ...

ジ・エンド・オブ・リーガル・フィクション・ライヴ・アット Jz Brat/濱瀬元彦 E.L.F. Ensemble&菊地成孔

"The End of Legal Fiction" Live at JZ Br ...

ウエスト・サイド・ストーリー/オスカー・ピーターソン

West Side Story ニューヨーク・フィルのコンサート・マスターだった ...

ハイウェイ・ライダー/ブラッド・メルドー

Highway Rider 先日ソウルに遊びに行ってきた。 電信柱やクレーンの写 ...

エリック・ドルフィー宇宙人説~異色の傑作『アウト・トゥ・ランチ』

2010/10/19   ジャズ

Outt To Lunch ドルフィー宇宙人説 以前、脳学者の加藤総夫氏は、「エ ...

ママズ・ハウス・ライヴ/エスニック・ヘリテッジ・アンサンブル

Mama's House Live 誤解を恐れずに一言で言ってしまえば、贅肉をそ ...

秋の夜長は、ラテンやマンボで日本酒うまし!

2010/10/13   ジャズ , ,

秋の夜長に「マンボだ!」「ラテンだ!」だなんてと騒ぐと、なんとまぁ、こいつは季節 ...

イン・ヨーロッパ vol.1/エリック・ドルフィー

In Europe vol.1 チャック・イスラエルズのベースが好きだ。 彼はビ ...

ザ・ポール・ウィナーズ・ライド・アゲイン/バーニー・ケッセル、レイ・ブラウン、シェリー・マン

Poll Winners Ride Again 3人の名手 うーん、やっぱり良い ...

ハウ・インセンシティヴ/デューク・ピアソン

How Insensitive パーティに最適な1枚だ。 小規模なホームパーティ ...

リトル・バンド・ビッグ・ジャズ/コンテ・カンドリ

2010/09/18   ジャズ ,

Little Band Big Jazz コンテ・カンドリは、趣味の良いトランペ ...

クルージン/大西順子

Crusin' ヒギンズのドラム 経験値の少ない若者が操縦する最新鋭でギミックだ ...

ポール・ウイナーズ/バーニー・ケッセル、レイ・ブラウン、シェリー・マン

Poll Winners 「名手」とは? 「名手」とは、楽器操作だけに長けている ...

ジ・イン・クラウド/ラムゼイ・ルイス

ジ・イン・クラウド+2 臆面もなくノリノリなピアノを楽しめるライブ盤。 ワシント ...

わがままジャズおっさんに注意!「好き嫌い批評」の面白さと弊害

評論とエッセイ 音楽にしろ、絵画にしろ、映画にしろ、芸術作品の批評を行う上で、書 ...

ホレス・シルヴァー・アンド・ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

Horace Silver & The Jazz Messengers あるイン ...

バード・イン・フライト/ドナルド・バード

Byrd In Flight ドナルド・バードのブルーノート4枚目の作品。 なに ...

ルック・アウト/スタンリー・タレンタイン

Look Out オルガンをバックにテナーサックスを吹くタレンタインも良いが、ピ ...

チャーリー・パーカー・ストーリー・オン・ダイアル Vol.2/チャーリー・パーカー

2010/08/22   ジャズ

チャーリー・パーカー・ストーリー・オン・ダイアル Vol.2 北朝鮮の兵士も聴い ...

不調ロリンズとエキサイティングなトニー~『ドント・ストップ・ザ・カーニヴァル』

ソニー・ロリンズのリーダー作『ドント・ストップ・ザ・カーニヴァル』で特筆すべきは ...

ア・ガーランド・オブ・レッド/レッド・ガーランド

Garland of Red 初リーダー作にして最高傑作 もちろん代表作の『グル ...

エントリー/リンダ・オー

Entry 優れた聞き手は、あいづち上手であり、また、問いかけ上手でもある。 リ ...

サーチ・フォー・ザ・ニュー・ランド/リー・モーガン

Serch For The New Land 「生意気!」といっても差し支えのな ...

イースト・コースティング/チャールス・ミンガス

East Coasting チャールズ・ミンガスと、ビル・エヴァンス。 異色の取 ...

アロング・ケイム・ジョン/ジョン・パットン

Along Came John ハロルド・ヴィックにフレッド・ジャクソンという2 ...

デクスター・コーリング/デクスター・ゴードン

Dexter Calling キャリア初期は、西海岸で活躍していたデクスター・ゴ ...

バイーア/ジョン・コルトレーン

バイーア 「コルトレーンのシーツ・オブ・サウンズって何?」 「空間を埋め尽くさん ...

ダイアローグ/ボビー・ハッチャーソン

Dialogue 新主流派を代表する一人。ヴァイブラホン奏者・ボビー・ハッチャー ...

ファースト・メディテーションズ/ジョン・コルトレーン

First Meditations 後期のコルトレーンが多用していたフラジオ(倍 ...

カルテット・プレイズ/ジョン・コルトレーン

Quartet Plays テナーサックスのネック(本体とマウスピースを繋ぐ管の ...

ノース・バード/寺久保エレナ

NORTH BIRD 自由奔放なアルトサックス 驚いた。 女子高校生アルトサック ...

アット・ニューポート 1958/マイルス・デイヴィス

At Newport 1958 極上のリズムセクションとフレッシュなホーン陣を率 ...

ビリーヴァー/ジョン・コルトレーン

Believer すいすい、するする。 まさに、文字通り、演奏が、気持ちよく、な ...

ライヴ・アット・カフェ・ボヘミア/ジョージ・ウォーリントン

Live At Cafe Bohemia いやはや、弾く弾く、いやはや、燃える、 ...

ブラック・ビューティ/マイルス・デイヴィス

ブラック・ビューティー 世評では、同時期のマイルス・デイヴィスのライブ盤は、この ...

グッド・グレイシャス/ルー・ドナルドソン

グッド・グレイシャス う~ん、軽快! ゴキゲン! フットワークの軽いルー・ドナル ...

クレッセント/ジョン・コルトレーン

Crescent 重く、ゆったり、力強いコルトレーン。 じんわりと染みてくる音と ...

ドゥーイン・オールライト/デクスター・ゴードン

Doin' Allright デクスター・ゴードンのブルーノート初リーダー作品。 ...

イッツ・タイム/ジャッキー・マクリーン

It's Time 強烈なインパクトの主 正直に告白すると、最初はこのアルバム、 ...

ニュー・ソイル/ジャッキー・マクリーン

New Soil 新たなる地を意味するタイトルの『ニュー・ソイル』は、一言、力作 ...

ワン・ウェイ・トラヴェラー/菊地雅章

One Way Traveller シンプルな構造の中にこめられた重層的&分裂的 ...