カフェモンマルトル

text:高野雲

*

【三文日記】1999年3月

      2017/05/27

wineglass

3/10(wed)

ホームページ『カフェ・モンマルトル』をアップするまでの暇つぶしに1行日記なるものをつけてみる。

3日続けばもうけもの。

日記は1ヶ月間、歴史は弥生時代までを張り切る俺。

3/11(thu)

ベースをここしばらく触っていない。

ピアノもここしばらく触っていない。

ブライアン・イーノの『a year』、漸く読了。

A yearA year

3/12(fri)

『環境保護運動はどこが間違っているのか?』読了。

増補改訂版の方。

至極もっともな主張だと思う。



sponsored link



3/13(sat)

横浜。

セシル・テイラーの『ソロ』を久々に聴く。

音の良さに改めて驚き。

3/14(sun)

野外ロケ。

東宝スタジオの巨大白壁をバックに、爆笑問題さんと。

壁正面の巨大水槽はゴジラの撮影用につくられたもので、かなりでかい。

3/15(mon)

出版業界に憧れ、取次のアルバイト→書店員→編集者と徐々にキャリアをアップさせていった札幌在住の女性と長電話。

こちらへ来る目処はしばらくたたないそうだ。

札幌へ行きたい。

3/16(tue)

午後6時から深夜1時頃まで社長らと飲み。

ダイヤモンドホテル→神楽坂の日本料理屋→銀座のバー。

で、閉めは銀座の「吉牛」(笑)。

3/17(wed)

新馬場のスタジオにてオフライン編集。

ピアノの低音部と格闘。

テーマは「図形の音楽」。

3/18(thu)

遅ればせながら『You've Got Mail』を女房と観に行く。

「ペルベーネ」でイタ飯ディナー。

バローロの入荷が遅れているそうで、本日も飲めず。

3/19(fri)

品川のイマジカにてMA。

久々に珍しくピアノのレッスンをさぼらずに行く。

搾られた。

3/20(sat)

別冊宝島『よみがえる戦国武将伝説』読了。

ちょっと軽い。

ODNからのホームページアップの手続き書類が遅いので、痺れを切らしbekkoameに入会。

3/21(sun)

横浜への見舞いは寒いので中止。

悪いね、爺ちゃん。

いつものイタ飯屋に誕生日の弟を招待し、ディナー。

3/22(mon)

祖父の見舞い、横浜。

佐高信『タレント文化人100人斬り』、ヤノッシュ『大人のためのグリム童話』読了。

風の強い一日。

3/23(tue)

女房の腹の中の子、どうやら男らしい。

胎内をビデオ撮影してもらった映像を見る。

名前、何にしよう。

3/24(wed)

4月のTV番組改編で、TXの「大爆笑問題」が終了し「対爆笑問題」に変わるそうだ。

電波少年の「進め!」が「進ぬ!」に変った時のような、なーんかナメられているようなイヤな感じ。

そういえば一週間も六本木に行ってない。

3/25(thu)

安室の母殺害、北朝鮮の漁船、ユーゴ空爆と、ここのところキナ臭い事件が多い。

新聞、テレビなどの枠の多くを占める事件というのはPRの仕事をしている者にとってはあまり有り難くないことではある。

なぜなら、載る予定だったものが、大きな事件に追いやられて掲載されないことが多いから。

3/26(fri)

社長に誘われ四谷のバーで飲み。

その後六本木で二軒はしごして、帰ってきたのは朝7時。

『時代をノックする音~佐野元春が疾走した社会』読了。

3/27(sat)

六本木のバックステージでソロ・ライブを行う。

ピアノソロ、ベースソロ、ジョニーの助っ人でベース+ピアノのデュオ。

矢島文夫『エジプトの神話』読了。

3/28(sun)

午後まで寝て、一週間の睡眠不足を補う。

夕飯は女房といつものイタ飯屋。

別冊宝島『よいこの広告』読了。

3/29(mon)

昨日イタ飯屋で女房と「東京ローズ」の話しで盛り上がったが、何と文藝春秋から井上ひさし著の『東京セブンローズ』という本が出ているではないか。

こいつは読まねばと思い、書店に予約。

今日は珍しく酒抜き(本当に珍しい)。

3/30(tue)

女房と「東方公司」で晩飯。

iMacの調子がおかしい。

何度も再起動。

3/31(wed)

六本木で喰い&飲み。

肩がパンパンに凝っている。

パソコンの画面の見過ぎと、睡眠不足のせいか。

 - 三文日記