カフェモンマルトル

ジャズと映画と本の日々:高野雲

【三文日記】2002年7月

      2017/05/27

Pocket

SANYO DIGITAL CAMERA

7/1(mon)

先週の金曜の夜から土曜の朝方にかけて、冷え込んだ空気に気が付かずに仕事に夢中になっていたためか、どうも軽い風邪をひいたらしい。

土曜日、日曜日は自分の楽しみに夢中になっていたので、そのことに気が付く余裕などまったくなかったのだが、週明けの今日になってからようやく、自分が風邪をひいていることに気が付く。

喉の奥が妙に痒く、気分的にも落ち着かないので、早めに就寝。

7/2(tue)

相変わらず喉が痒い。

喉が痒いと仕事にも集中出来ないので、早めに切り上げて帰宅する。

女房&息子と近所のパスタ屋で夕飯。

7/3(wed)

買ってから、恐らく二回ぐらいしか聴いたことのないコルトレーンの『トレイニング・イン』を棚から引っ張り出して聴いてみるが、なかなか良い内容だということに今さらながら気が付いた。

小林よしのり 『新ゴーマニズム宣言・11 テロリアンナイト』読了。

村井康司『ジャズ喫茶に花束を』読了。



sponsored link



7/4(thu)

仕事なかなか片づかず、夕飯はハンバーガー、帰宅後、納豆蕎麦。

日に日に増えてゆく息子のボキャブラリーの量に驚くと同時に、ちょっと嬉しかったり。

別冊宝島編集部編 『〔詳細データ〕ODNの“謎”』読了。

7/5(fri)

中川美亜というタンゴ歌手の店で呑み。

店とは場違いな曲を弾いたり歌ったりして、午前様。

テリー伊藤 、リュウ・ヒジュン、金文学『お笑い日韓決別宣言』読了。

7/6(sat)

急に横浜へ行きたくなったので、息子を連れて、山下公園へ行ったり、シーバスに乗ったり、みなとみらいでやっていたFM横浜の番組の公開収録(「午後の紅茶」の新製品のプロモーションを兼ねた番組なので、商品キャラクターの優香のポスターや垂れ幕が飾られまくっていたが、ゲスト出演者は、なぜか今井絵里子と大江千里)を覗いたり、店主の趣味なのかアニメや特撮もののキャラクターの人形がたくさん飾られている回転寿司屋へ行ったり、祖母の家を尋ねたり、元町をブラブラしたりした。

横浜の本牧で生まれ育った私だが、たとえ街の様子が幼い頃の風景と様変わりしても、体内に染みこんでいる「重く粘るような潮の匂い」や「ちょっと草臥れた街の息吹き」とでも言うべき「本牧周辺の独特の空気感」のようなものは昔と変わらないので、“懐かしアドレナリン”が体の底からブアーッと湧き出てきた一日。

夕方、女房と合流して、サラダバイキング&ステーキ。

7/7(sun)

息子とおもちゃ屋へ行き、中国製の99円の安いミニカーと、セブンに出てくる凶暴な顔がイカす恐竜戦車のソフビと、乗り物のパズルと、『劇場版仮面アギト・プロジェクトG4』のに出てくるG4のソフビを買ってあげた(そういえばG4のフィギュアは昨日行った寿司屋からも貰ったな…)。

『ビーファイターカブト』の29話から32話までと、『マルサの女2』を家でワインを呑みながら子供と一緒に観た。

『マルサの女』は昔、今は無き飯田橋にあった佳作座で観たパートワンのほうが、断然面白いと思った。

7/8(mon)

近所の公園で息子の自転車乗りの練習をさせる。

青木雄二 『銭道 さすらい編』読了。

武田百合子 『富士日記(下)』読了。

7/9(tue)

発作的に白ワインと一緒に白身魚を喰いたくなったので、仕事を早めに切り上げ、女房&息子とよく行くイタ飯屋にて、イトヨリ鯛のムニエルをメインディッシュにしたコース。

レンタルした『不滅の闘魂 アントニオ猪木物語 vol.1』のビデオを観るも、モハメッド・アリ戦の模様は、闘う前の交渉事の映像ばかりが編集されているわりには、肝心のアリ戦は、数枚の白黒写真だけを映し出すだけだというお茶を濁した編集でガッカリ。

西本健一郎 『大人のための海外個人旅行』読了。

7/10(wed)

『仮面ライダーアギト』の第17~20話を借りて観る。

常に受け身で、言うことやること、どこかヌルくて、かったるくてトロい人間にはつくづく厭気がさしてしまう。

で、そんなヌルい人間の言動に対していちいち過敏に反応して、手厳しく詰め寄ってしまう“紅茶野郎”な自分にも、ほとほと厭気がさしてしまう。

※スリランカ野郎→「正論」を振りかざす人→セイロン野郎→紅茶野郎(まるしー・南伸坊)

7/11(thu)

ラーメンが大好きな女性からの書き込みが掲示板にあったので、これを見た瞬間から猛烈に腹がラーメンモードに。

プロレスラーの松永光弘がやっている尾道ラーメンで「魂のラーメン」を喰い、カツオだしの効いたスープが売りの店でチャーシューメンを喰い、魚系のスープのラーメンを2杯連続で喰うとさすがに飽きたので、鶏ガラ出汁のスープのおいしい店に移動して排骨麺を喰い、シメは、近所のラーメン屋でカレーラーメンを喰った。

各店で、一本ずつしかビールを飲んでいないにもかかわらず、何故だか強かに酔いがまわり、ヘロヘロ状態で帰宅。

7/12(fri)

仕事で徹夜。

今日の仕事のように、生産的なことに時間を使って、結果として徹夜になることは全く厭わないのだが、先日書いたように、トロくてネムたい人間相手に、カッタルくていたずらに時間だけを浪費するような無駄なことに時間を費やすのは、プライベートでも御免こうむりたいという思いが一層強くなてきている今日このごろ。

明け方の牛丼が五臓六腑に染み渡る。

7/13(sat)

船堀のスタジオにて、来月屋外ライブを予定しているsl@shというグループの練習。

夕方、猛烈に肉が喰いたくなったので、女房&息子とでよく行くイタ飯屋で、山形牛のステーキマルサラソースがけを私には珍しくレアで。

『仮面ライダークウガ新春スペシャル』のDVDを買う。

7/14(sun)

午前中は、女房のスーツを作りに日本橋へ。

夜、バックステージでウッドベースのソロライブをやる。

ライブの後、カラオケで『仮面ライダーアギト』の主題歌を歌ってみるが、熱唱しすぎて、口の中にあったピーナッツのカケラが目の中に入ってしまい、目が痛くなった(アホ)。

7/15(mon)

住んでるマンションの固定資産税を払い込むが、いやぁ高いねぇ…。
渋谷へ行き、

ポール・チェンバース『チェンバース・ミュージック』(Blue Note)
カーティス・カウンス『ザ・カーティス・カウンス・グループ,vol.1』(Contemporary)
デクスター・ゴードン『ア・スインギン・アフェア』(Blue Note)
アイク・アイザックス『アット・パイドパイパー』(R.G.B.)
J.J.ジョンソン『ダイアルJ.J.5』(CBS)
フィリー・ジョー・ジョーンズ『ブルース・フォー・ドラキュラ』(Riverside)
ケン・マッキンタイヤー『ホーム』(Steeple Chase)
ヘレン・メリル『ニアネス・オブ・ユー』(Emarcy)
マックス・ローチ『ジャズ・イン・3/4・タイム』(Mercury)
ミッシェル・サルダビー『イン・ニューヨーク』(Debs)
を購入。

速水喬子 『ホームヘルパーは見た!』読了。

7/16(tue)

朝方、広末涼子・小林薫主演の『秘密』を見て、ラストに流れる竹内まりやの歌がえ~なぁなどと思う。

六本木で、ゴドラ星人&ペガッサ星人と呑み。

ケイブンシャの大百科『仮面ライダーアギト大百科3』読了。

7/17(wed)

最近ますます良い音で鳴ってくれる自分のベースに感謝。

80の気持ちで弾いても、出てくる音は常に100以上。

柳原三佳・米本和広・山口宏 他『実録!示談ビジネス』読了。

7/18(thu)

マッサージ屋で全身マッサージ、背中と腰がだいぶ軽くなった。

吉祥寺へ行き、ホープ軒でラーメンを喰い、ディスク・ユニオンにて、
ダン・ブランク&マイク・バイジオ『コンチェルティッド』(cadence jazz records)
ニュー・アート・サキソフォン・カルテット『ソングズ・アンド・ダンシーズ』(enja)
ウディ・ショウ『ウィズ・トーネ・ヤンセ・カルテット』(Timeless Records)
を購入。

六本木で呑み、朝帰り。

7/19(fri)

昼から、ダイヤモンド・ホテルの地下の金剛飯店で呑み。

息子にエクシード・ギルスのソフビを買ってあげる。

翌日のバンドオフ会のために、椎名林檎の曲を一通り練習した。

7/20(sat)

そういえば土用の丑の日だったので、ウナギを喰う。

駒込のスタジオにて、椎名林檎のバンドオフ会に参加。

バンオフ終了後、駒込駅の近くの居酒屋で打ち上げ。

7/21(sun)

池袋のスタジオにて、ぱぴヨンズの練習。

打ち上げは、安くて旨い中華料理屋、ビールが旨くてイイ気分。

帰宅後、野菜と肉を喰いたくなったので、女房&息子とシズラーへ行き、サラダバーとステーキ。

7/22(mon)

土日は、二日連続でベースを弾きまくったので、さすがに肩と背中がぱんぱんに凝り、マッサージ屋で首、肩、背中をほぐしてもらう。

今週末も二日連続でバンドの練習があるので、課題曲の練習。

息子、最近はちょっとしたことですぐに泣きわめく。

7/23(tue)

巨牛荘で焼肉。

スペアリブの旨い店で呑み。

六本木で呑み。

7/24(wed)

先日、吸収しすぎた肉とアルコールを少しでも排出し、体内を少しでも綺麗にしようと、今日はevianや北アルプス自然水のようなペットボトルにはいった水を3リットル以上飲んだ。

不思議と水って、ジュースや酒と違って、いくら飲んでも飽きないし、飲めばいくらでも体の中に入ってくれるので、最近の私にとってのペットボトル入りの水は、スタジオに入るときなどは、煙草以上に欠かせないアイテムとなっている。

神田昌典 『非常識な成功法則』読了。

7/25(thu)

書くことがまったくない一日だったので、本日飲み食いしたものを書いてみる。

朝はトマトジュースとコーヒー、昼は寿司屋で握りを1,5人前、夜は冷やし中華とメロンとクッキー。

飲んだコーヒーはおよそ15杯、evianの310mlのボトルを5本、麦茶はコップ2杯、セノビーという飲料を1缶、アセロラカルピスを1缶。

7/26(fri)

近々結成する予定のバンドの候補曲が収録されているCD、
デヴィッド・ボウイ『ザ・ベスト・オブ・デヴィッド・ボウイ 1969-1974』(EMI)
ジェファソン・エアプレイン『ベスト・セレクション』(RCA)
マイク・オールドフィールド『ジ・エッセンシャル・マイク・オールドフィールド』(Wea)
を購入。

仕事が遅くなったが、なんとなく呑む気がせず、真っ直ぐ終電で帰宅。

大田垣晴子『オトコとオンナの深い穴』読了。

7/27(sat)

ブルース、ゴスペル、ジャズ&昭和歌謡を中心に活動している「タフタフ」のライブが来月の25日にあるので、ライブで演奏する曲の選曲作業と、音合わせ、練習を自宅にて。

タフタフのヴォーカルが長年使用していた、ボトルネック奏法専用のギターを2千円で譲ってもらう。

女房&息子と、いつものイタ飯屋に行き、魚中心のコースの夕食を食べるが、この店のウエイトレスで、少し藤原紀香と葵若菜(クウガのオダギリジョーの妹役)に似ている、笑顔の可愛いお姉さんが、今月一杯で辞めてしまうそうで(非常に残念)、彼女になついていた息子はドサクサに紛れて別れ際に彼女に「ちゅー」をしていた。

7/28(sun)

秋葉原のスタジオで「ぱぴヨンズ」の練習。

和風パスタの店で打ち上げ、後、最近駅前に出来た、ビルの中がまるまるSMグッズやエロビデオのショップになっている店を物色して今後のステージ衣装のアイディアを仕入れ、腹が減ったので新しく出来たラーメン屋で醤油ラーメンを食べた。

帰宅後、息子と『仮面ライダーアギト』の21話から28話を観る。

7/29(mon)

メールや掲示板に書き込みが全く無いと寂しいものだが、長文のメールや書き込みが大量に来ると、返事に費やすための俺様の少ない自由時間を奪う気か、という気分になる。

勝手なもんだと思う。

いくつかの長文メールの返事を書くも、どうも書いた内容が気にくわんので、送信は止め、すべて消去。

7/30(tue)

息子が、先日手に入れたギターばかり弾いている。

弾いている、というよりは、辛うじて身体がギターより大きな子供が、ギターに持たれているといった感じだが。

田中孝顕『SSPS-V2システム 機械的成功法』読了。

7/31(wed)

たくさん食べて、たくさん飲んでもヘンな酔い方をしない女性は大好きだし、食事をしていると、とても楽しいし、気持ちが良い。

で、渋谷で飯&呑み。

調子にのって二人で焼酎を一瓶開け、カクテル、ビール、バーボン、ウイスキーを飲みまくり、ヘロヘロ状態で午前様。

 - 三文日記

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。