カフェモンマルトル

text:高野雲

【三文日記】2004年6月

      2017/05/27

Pocket

mizutama

6/1(tue)

五反田にて『家族のかたち』の試写会。

女房&息子と近所の和食屋で晩飯。

監修:編集の学校『1週間でマスター 編集をするための基礎メソッド』読了。

6/2(wed)

京橋にて『丹下左膳~百万両の壺』の試写会、豊川悦司演じる38年ぶりにスクリーンに蘇ったという片目、片腕のヒーローは予想以上にカッコよく(左膳は、忌野清志郎にとって最大のアイドルなのだそうだ)、映画そのものもテンポが良くて、非常に面白かった。

いろいろ、細かいことが立て込んで、終電にて帰宅。

人生戦略会議『28歳からのリアル』読了。

6/3(thu)

青山スパイラルホールにて、佐野元春のシークレット・ギグと新レーベル立ち上げ記念の立食パーティ。

最前列の中央の席を陣取った私は、ステージ上の元春からの距離が約1mという非常にラッキーなポジションで見れた上に、本日の演奏曲目は、初期の曲、しかも速めの8ビートのものばかりという、かなりエキサイティングなステージで、非常に良いイベントだった。

熊木宏顕『世間の常識をくつがえす健康本―O先生に教えていただいたこと―』読了。



sponsored link



6/4(fri)

胃の再検査、再びバリウムをのまされ、再びアスレチックのようなベッドに乗せられ、再びヘタクソなレントゲン医師の操縦に振り回されまくる。

美人OLとパスタ屋で晩飯。

後藤禎典『上手な文章を書きたい~社会人のための文章力トレーニング』読了。

6/5(sat)

夏用の礼服を仕立てにゆく。

息子の音楽教室に同伴する。

女房と息子と一緒に映画『キューティハニー』を観に行く。

6/6(sun)

午前中は自宅にてベース教室。

午後から夕方にかけて、大学時代のギター先輩と自宅にて音合わせ。

女房と息子とイタ飯屋で晩飯。

6/7(mon)

内幸町にて『ハリーポッターとアズカバンの囚人』の試写会、新橋にて『誰も知らない』の舞台挨拶会場。

美人OLと銀座の美食酒屋にて晩飯、50年代のブルーノートのハードバップばかりが流れるバーにて飲み、後、仕事に戻り翌朝まで仕事、朝帰り。

扇情的なタイトルだが、きわめて真っ当なメソッドを展開し、なおかつ、韓国人によるきわめて手厳しい韓国人と韓国文化論としても読むことが出来る、鄭 讃容・箸/金 淳鎬・訳『英語は絶対、勉強するな!』読了。

6/8(tue)

銀座にて『69 sixty-nine』の試写会。

終電過ぎていたので、タクシーにて帰宅。

『銀座スカウトマン秘密の手帳~銀座ホステス 男を上げる「悪女」、下げる「悪女」』読了。

6/9(wed)

美人OLと四谷で飲み、再び社に戻り、朝まで仕事。

結局、明け方に眠ってしまったため、帰宅したのは7時過ぎ。

井上雅彦『バガボンド 11~19巻』読了。

6/10(thu)

六本木にて『プッシーキャット大作戦』と『ずべ公同級生』の試写会。

レイ・チャールズといい、スティーヴ・レイシーといい、エルヴィン・ジョーンズといい、バーニー・ケッセルといい、ここのところ大物ミュージシャンの逝去が目立つ。

蓮見明美『アラビアン・ホースに乗って~ふたりで挑んだ遥かなるテヴィス』読了。

6/11(fri)

東銀座にて『父と暮せば』の試写会。

文春の編集者たちがよく利用しているという麹町にあるビルの地下にある広めの内装、かつおいしい日本酒がたくさん呑めるが、頼んでもいない品や、キャンセルした料理までも伝票に書いて請求するので、そのへんは要注意な居酒屋にて編集女史と呑み。

高橋伸夫『虚妄の成果主義~日本型年功制復活のススメ』読了。

6/12(sat)

休日出勤、後、夕方、池袋に移動し、美人OLと女子大生が客の大半を占める創作料理のバー風居酒屋で晩飯。

後、テアトル池袋へ行き、即興吟遊詩人と合流、以前試写会で観たときに面白かった、『十三通目の手紙』を再び鑑賞。

森次晃嗣や篠田三郎ふくむ出演者の初日舞台挨拶もあったためか、予想以上の人々が映画館に押し寄せていて、立ち見が出るほどだった。

6/13(sun)

休日出勤。

先日、見本盤でいただいた上野耕路の新譜『ポリスタイル』と、ゲルニカのDVD『リライティング・ヒストリー1982-1989』が大変素晴らしく、最近自宅ではこればかりリピート、リピート、リピート、嗚呼、俺はやっぱりゲルニカと上野耕路の内声的かつ重厚で含蓄のあるハーモニーが好きなんだなと、一人ニヤつく。

吉成順〔監修〕『モーツァルトの正しい聴き方』、金子みすず『金子みすず童謡集/わたしと小鳥とすずと』読了。

6/14(mon)

先週行った胃の精密検査の結果、胃の側面にポリープが発見されたが、これが出来たからといっても特に日常生活に支障は無いとのこと。

美人OLと寿司屋に行き、ハモの酢の物や天麩羅を中心に喰った後、四谷の「いーぐる」で呑み、会社に戻り仕事をズルズルと続け、朝帰り。

山村竜也〔監修〕『新選組の謎を斬る!~三谷版「新選組!」を徹底解析』読了。

6/15(tue)

修理に出していたディーガがようやく直り、家に戻ってきた。

京橋にて『ザ・ブルース・ムーヴィー・プロジェクト/ロード・トゥ・メンフィス』の試写会。

葉月里緒奈『真実』読了。

6/16(wed)

昼間っから女子大生とちゃんぽん屋でビールをガブガブ、大盛り皿うどんをモリモリ胃に流し込み、後、渋谷へ行き『ガチャポン』の試写会。

手がけていた本の編集が本日の夜に校了、ほっと一息つきたくなって、ラーメン屋で1人、ビールと餃子と激辛オロチョンラーメンで乾杯、後、仕事に戻り、気がつくとスズメがチュンチュン、結局徹夜。

小林忠嗣『DIPSとは何か―知的生産性向上システムの全ノウハウ』読了。

6/17(thu)

渋谷にて『千の風になって』の試写会。

カメラマン志望のアルバイト君と、深夜に「王将」へ行き、ビール、餃子、レバニラ炒め、チャーハン、ラーメンなど、堰を切ったように、食べはじめたら止まらないぜな夜食。

本日も泊り込みだぜな仕事。

6/18(fri)

仕事中の気分転換に、昼は渋谷、夜は四谷の「いーぐる」へ行き呑み。

本日も徹夜。

翌朝の9時まで仕事。

6/19(sat)

午前中、帰宅後、すぐに寝床に倒れこむ。

六本木で「ボスタング」としてライブに出る日だったが、はじまる時間が遅いので(Pm10:00)、来てくれる人とライブ前に“打ち上げ”をやってしまおうと提案したのは私だが、その提案者の私自身が約束の時間の夜8時までに爆睡してしまったので、目が覚め、時計を見、ヤバイと焦り、大慌てで息子を連れ、タクシーに転がり込み、速攻で六本木へ向かう。

ライブハウス下にある飲み屋で“打ち上げ”をやったあと、10時より狂乱ライブ、ライブ後は、蕎麦屋で再び深夜まで打ち上げ。

6/20(sun)

こりゃちょっとマズいんじゃないの?と思うぐらい、一日中家で牛のようにゴロゴロしていた。

ゴーヤーのパスタの昼飯、夜は近所の居酒屋で魚。

台風の影響で、ものすごい湿気、ベースのネックが水分含んで大変、大変。

6/21(mon)

台風の影響で、ものすごい湿度と不快感。

この湿度に影響されてか、猛烈な食欲が沸き起こり、チーズバーガー、ラーメン、チャーハン、カレーライス、カレーパスタ、ポテトサンドイッチ、もり蕎麦、とろろご飯、あんぱんと、コレ全部、夕方までに食べたもの。

藤井厳喜『新円切替』読了。

6/22(tue)

息子がおもちゃメーカーのキャラクターグッズのパンフレット用のモデルとして起用され、女房立会いのもとスタジオで撮影が行われたようだ。

品川にて取材。

宮崎學、呉智英、角岡信彦、秋山良+M78、斎藤貴男、森達也、和田誠一『「同和利権の真相」の深層』読了。

6/23(wed)

初対面ではあるが、飛び込みでやってきたリサーチ会社の営業レディと意気投合し、ちょうど昼どきだったので一緒にパスタを喰いに行く。

東銀座にて『モーターサイクルダイアリーズ』の試写会。

美人OLと原宿で餃子の晩飯。

6/24(thu)

銀座にて『スチームボーイ』の試写会。

掲示板に書かれていた黄レンジャーという人の書き込みを読んだら猛烈にカレーが喰いたくなったので、銀座の丸の内線改札前の「から鍋屋」で辛口カレーを食っていたら、小銭入れを落としたことに気がつく。

財布も気になるが、カレーも気になるので、夜は美人OLとタイ料理屋へ行き、タイ料理、そして、もちろんレッドカレー、しかし、こんなもんじゃ私のカレー欲から転化された「辛い食物や辛い酒を飲んで、体内を“カーッ!!”とさせてぇ」欲求は満たされるはずもなく、メキシコ料理屋で、再び辛々料理を食いながら、ジンやウォッカをストレートで浴びるように飲み、喉と胸を"カーッ!!!”とさせて、ふわぁ、ええ気持ちだぜぇな気分で帰宅したが、息子が寝ずに私の帰りを寝ずに待っていたので、パソコンでダウンロードした映画の予告編をたくさん見せ、風呂に入れ、キャシャーンごっこをして遊んだ。

6/25(fri)

先日、小銭入れを落としてしまったので、新しいものを買いに行くが、同じものを買おうと思ってヴィトンの小銭入れの値札を見たら、げげげ、小銭入れごときで4万以上もしたのかよ、貰いモノだったから気がつかなかったが、まさか、小銭入れにそんなに大枚をはたく気も起きなかったので、安めのものを購入した。

いきつけの美容室にて、髪をカット&軽くパーマ。

TEXT:宮崎克/ART:高岩ヨシヒロ『松田優作物語~ハリウッド飛翔編』、村上元三『戦国風流 前田慶次郎』読了。

6/26(sat)

夏もののスーツを一着オーダー、女房&息子と台湾風カフェで昼飯。

秋葉原のスタジオにてバンドに加入希望のギタリスト氏とともに練習。

タイ料理の多い居酒屋にて打ち上げ、だいたいうちのバンドは練習時間の1.5倍の時間を打ち上げに費やすバンドだが、今回も例に漏れず。

6/27(sun)

自宅にてベース教室。

納豆、けんちん汁、長芋とご飯、梅干の晩飯、ああ、身体が内側から洗われる……。

タダ サトシ『カブトくん』読了。

6/28(mon)

渋谷で『恋の門』の試写会。

同行した映画ライター殿とテーブルの上のモニターで他の座席の客とじゃんけんの出来る居酒屋で呑み。

終電逃がし、タクシーで帰宅。

6/29(tue)

渋谷にて取材。

金融ライターとパスタ屋さんで食事&呑み。

目蓋の裏に出来た脂肪の塊のせいで、目がゴロゴロする。

6/30(wed)

新橋にて『怪談 新耳袋〔劇場版〕』の試写会。

私が編集し、先日末に無事発売することの出来た本の打ち上げを、気鋭のライター、編プロの方々と共に新宿の呑み屋にて。

ベンジャミン・フルフォード『日本がアルゼンチン・タンゴを踊る日』読了。

 - 三文日記

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。