カフェモンマルトル

text:高野雲

*

【三文日記】2007年6月

      2017/05/27

Pocket

SANYO DIGITAL CAMERA

6/1(fri)

京橋に『ベクシル』の試写会に行くも、満席で座れず、仕方なく神保町へ行き「BIG BOY」で読書。

シゴト片付け、夜、再び神保町へ移動、安かろうまずかろうなラーメン屋で腹を満たした後、再び「BIG BOY」へ行き閉店まで呑み、マスターとマスターの奥さんと一緒に帰る。

本田直之『レバレッジ時間術』読了。

6/2(sat)

午前中は、近所のマクドナルドでコーヒー無料券を使ってコーヒー飲みながら、読書、後、音楽教室に息子を迎えに行き、帰宅後、昼飯に焼き鳥玉子丼を作ったら、息子が「超うめぇ!」と絶賛。

息子の誕生パーティを、両親、弟夫婦を呼んで近所のイタ飯屋にて。

中山康樹『マイルスに訊け!』、鳥山明『ドラゴンボール完全版 06』読了。

6/3(sun)

終日、自宅でゴロゴロと。

昼、冷やし中華、夜、カレー。

落合信彦『「迷い」の中にチャンスがある』、鳥山明『ドラゴンボール完全版 07-20』読了。



sponsored link



6/4(mon)

妹の誕生日。

バド・パウエルのアルバム10枚一気聴き。

鳥山明『ドラゴンボール完全版 21-34』読了。

6/5(tue)

神保町「BIG BOY」にて、閉店までシゴト&原稿書き。

閉店間際にようやく一息つき、アルコールを流し込んでいたら、カウンター隣のオジサンとマイルス観が一致して意気投合。

「BIG BOY」閉店後にも、「一緒に飲もう!」ということになり、近くの居酒屋でひたすらマイルス話をサカナに呑み。

6/6(wed)

終日デスクワーク、気付くと、深夜2時。

近所の居酒屋でサラダだけを食べ、帰宅後パスタ、休肝日。

松本幸夫『「朝の2時間」で一気に、イチバンいい仕事をする!』読了。

6/7(thu)

午前中は、大久保と新大久保の中間地点。

午後は京橋にて『イタリア的、恋愛マニュアル』の試写会。

陣内一土『自然は愛 しぜんはいのち』読了。

6/8(fri)

京橋にて『図鑑に載ってない虫』の試写会。

ジャズ好きな敏腕校正家と神保町「BIG BOY」で呑み。

藤沢周平『新装版 人間の檻 獄医 立花登手控え(四)』読了。

6/9(sat)

息子の授業参観。

息子を連れて神保町、「エチオピア」で辛さ30倍の野菜カレー。

「ヴィレッジヴァンガード」で本を買い、「BIG BOY」閉店まで読書したり息子にマイルスやブルーノートのジャケットの絵を描かせたりして楽しむ。

6/10(sun)

午後から夕方にかけてシゴト。

昨日買ってあげた『まんが道』の影響か、息子、画用紙で18ページのコミック雑誌(少年じろう)を作っていた。

ジム・ローン(著)河本隆行(訳)『ジム・ローンの億万長者製造法』読了。

6/11(mon)

京橋にて『TOKKO -特攻-』の試写会。

ゆっくり昼飯食べる暇なく立ち食い蕎麦。

早めに帰宅、家でシゴト。

6/12(tue)

午前中、永田町。

午後、西麻布。

夜、自宅でビール、ビール、ビール、暑い一日。

6/13(wed)

「音聴き会」の常連さんと六本木「鳥良」で呑み。

次に「9th chord」で呑んだ後、シゴトに戻る。

アルコール足りないので帰りは神保町にタクシーを飛ばし「BIG BOY」で看板まで呑み、マスター夫妻の自宅最寄り駅まで一緒に帰り、あとはタクシーで帰宅。

6/14(thu)

午後、四谷「いーぐる」へ行く。

今月末行う「バド・パウエル」の講演の選曲を考えながら店に入ったところ、私が着席した瞬間、パウエルのレコードがかかったという、なんともジャストなタイミング。

終電にて帰宅。

6/15(fri)

昼、天気が良かったので渋谷まで行き「タワーレコード」でサティとパウエルのCDをそれぞれ数枚ずつ、それとたまたま目についたジャッキー・バイアードのトリオやジャズ関係の雑誌も数冊買い込み、「九州」で昼飯。

シゴトに目処ついたのが午前4時ごろだが、それまでは晩飯喰う暇なしで、めちゃくちゃ腹減ったので、自宅近所の深夜営業のスーパーまでタクシーを飛ばし、パスタとミートソースのルーとワイルドターキーを買い、帰宅後は茹でたパスタ500gに2袋ぶんのルーををぶっかけ、一気に胃に流しこんだ後は、ターキーのボトルの5分の1ほどをストレートで臓腑に流し込み、「カーッ!」となっていい気分、ようやくグジャグジャした気分が落ち着く。

山崎豊子『華麗なる一族・上』読了。

6/16(sat)

息子を連れて神保町へ行き、「エチオピア」、「ヴィレッジ・ヴァンガード」、「BIG BOY」。

「BIG BOY」に息子を残し、私は渋谷へCDを買いに行き、再び「BIG BOY」に戻ったころは喉がカラカラに渇いていたのでビールを飲みながら、ドド・マーマロサにケニー・ドーハムを楽しむ。

原 ゆたか『かいけつゾロリのなぞのうちゅうじん』読了。

6/17(sun)

終日シゴト。

夜の10時に一息ついたので、後輩と居酒屋で小1時間ほど食事と酒。

3時頃タクシーで帰宅し、飲みなおし、喰いなおし、ドラマの録画チェック。

6/18(mon)

夜10時ごろ、六本木へ行き「鳥良」にて2人のジャズ馬鹿、いや失礼!2人のジャズ猛者と合流、呑み。

西麻布に移動し、さらに呑み、気づくと午前4時、白みがかった空がなんともいい感じ。

タクシーでシゴトに戻り、2時間ほど仮眠。

6/19(tue)

昼、眠くなったので四谷へ行き「いーぐる」にてケニー・ドーハムを浴びながら心地よく昼寝。

帰宅後、息子と風呂、これで観るのは何度目だろう?それでも笑える「少林サッカー」を観ながらパスタを喰う。

木原浩勝『隣之怪 木守り』読了。

6/20(wed)

昼、神保町へ行き「BIG BOY」に行ったら、通りぞいに飾られているジャケットが全てバド・パウエル、かかった音もバド・パウエル、まるで俺を呼び寄せるための餌を蒔いたようだが、実際、そうだったみたい。

夕方、京橋にて『キャプテン』の試写会、再び神保町へ行き「BIG BOY」の看板まで呑み、マスター夫妻と一緒に帰る。

望月明美『銀座ママの夜のお悩み相談室』読了。

6/21(thu)

昼、四谷へ行き「いーぐる」で昼飯。

帰宅後、部屋の掃除、CDや雑誌の整理。

息子に怖い話の効果的な語り方と、インチキピアノ奏法を教えたらウケた。

6/22(thu)

昼、四谷へ行き「いーぐる」で昼寝。

早めに帰宅、息子とレンタルビデオ屋へ行き『ジョジョの奇妙な冒険』のダービーと承太郎の勝負話と『西遊記(堺正章バージョン)』の1巻を借りて観る。

油井正一『増訂 ジャズの歴史』読了。

6/23(fri)

午後は息子を連れて神保町へ行き、「三省堂本店」で本を買い込み、「BIG BOY」で読書と原稿書き。

どうも昨日の「BIG BOY」は、客層も考慮した結果なのだろうが、最近のヨーロッパのトリオやビル・エヴァンス、ジョン・ルイス、ジム・ホール、ローランド・ハナといった穏健なものばかりが連続して選曲されていたため、個人的には「ジャズを聴きにこの店に来たんだ」と思わせるようなガツーン!とくる心地よい疲労感と満腹感を感じる音を浴びることが出来ず、半ば生殺し状態で帰宅。

マスターとはお友達だから、あんまり悪いこと書きたくないし、店そのものはイイ店だとは思うが、こと「ジャズ喫茶の客」という目線で感想を書くと、もちろん、店でかかった音源が悪いというわけではなく、1枚1枚はそれぞれ素晴らしい内容だとは思うのだが、「流れ」、「メリハリ」、「果たして客に“聴かせる”という姿勢なのか?」「自分の好みをただ流していないか?」という面で考えると、どうも気持ちが宙ぶらりんのまま時間が止まったような、何ともいえないモドかしい感覚が後味悪く残るわけで、それは、私は四谷の「いーぐる」育ちのせいなのか、はたまた単なる頑固ジャズ野郎体質になってしまっているのか、それはともかくとして、帰宅後はヴィレッジ・ヴァンガードの大西順子を大音量でかけ、次いでエリントンの『マネー・ジャングル』、さらには山中千尋のトリスターノ風《学生時代》を聴いてニンマリし、トドメはメリー・ルー・ウィリアムスとセシル・テイラーのデュオを浴びて、ようやくなんとか溜飲を下げる。

6/24(sun)

息子とレンタル屋で借りたDVDを観まくる。

女房&息子と近所のイタ飯屋で晩飯。

吉野敬介・安河内哲也『今日から始める「やる気」勉強法』読了。

6/25(mon)

四谷の「いーぐる」で、昼飯、昼寝。

マスターの後藤さんに、今週末の「パウエル特集」の選曲は、トータルで90~100分以内に収めないと時間オーバーするよとアドバイスされ、ほぼ決定していた選曲を見直し、時間内に収まるよう曲を削る作業。

帰宅後、ビール、テレビ。

6/26(tue)

渋谷を徘徊。

タワーレコードのポイントが貯まっていたので、週末の「バド・パウエル特集」でかけるCDを最新のリマスタリングのものに買い換える。

五嶋 節『「天才」の育て方』読了。

6/27(wed)

昼、神保町へ行き「BIG BOY」で原稿書き。

女房&息子と『SF巨大生物の島』(61年)を「おもしれぇ~」と言いながら観る。

本田直之『レバレッジ・シンキング』読了。

6/28(thu)

昼、神保町へ行き「エチオピア」で50倍野菜カレー、「三省堂」で本と雑誌を買い込み、「BIG BOY」で昼寝。

新橋にて『めがね』の試写会。

門倉貴史『ワーキングプア』読了。

6/29(fri)

銀座にて『包帯クラブ』の試写会。

神保町「BIG BOY」にて、呑みながら読書。

加藤鷹『エリートセックス』読了。

6/30(sat)

本日は「いーぐる」にて講演があるので、気持ちのテンション高めようと思い、近所の美容室へ行き「瑛太みたいなアタマにしてくださいっす!」とお願いし、担当の人に笑われながらヘアをセットしてもらい、その足で息子を音楽教室に迎えに行ったら、先生やスタッフの人たちから「きゃぁ~お父さんの頭、スーパーサイヤ人みたい!」と笑われた(涙)。

午後3時半より四谷の「いーぐる」にてバド・パウエルをテーマに講演、予想以上のお客さんの入りに驚く。

終了後、「いーぐる」にて反省会、「福翔飯店」にて反省会、再び「いーぐる」にて反省会後、「ジャズはブンガクだ!」氏と新道通りの居酒屋にて反省会、その際、酔いが回っていたためか階段から転げ落ち、先週新調したばかりのおニューの下駄の歯が根元からポッキリと折れてしまい、私自身の怪我は大したことなく右腕の肘にカスリ傷を負った程度で済んだが、明らかに呑みすぎ、気付けば午前4時を回っており急いで帰宅。

 - 三文日記