カフェモンマルトル

text:高野雲

*

【三文日記】2013年5月

      2017/05/26

douro hikari

5/1(wed)

新宿→横浜。

前日に飲みすぎというわけでもなく、二日酔いというわけでもないが、おでこの少し上あたりのアタマの中が、頭痛というほどでもないが、じわじわと緩い鈍痛が終日。

登場キャラが二頭身の(ラオウは三頭身だが)、『DD北斗の拳』の主題歌が面白い。

5/2(thu)

頭のテッペンよりちょい前あたりが終日キリキリとした痛み。

先日は鈍痛、本日はキリ痛。

うーん、なんだろう、CTスキャンでも受けてみるかな(嘘)。

5/3(fri)

『HUNTER×HUNTER』、読み進むほどに文字量が増えてくる。

ま、マンガの中の世界の約束事や概念を読者に共有してもらわないと何が何だかわからなくなってしまうからなのだろう。

ま、面白くないわけではないけれども、多くの子供たちが言うように、やはり最初のころのほうが面白いといえば面白い。

HUNTER×HUNTER (1-32巻セット 以降続巻)HUNTER×HUNTER (1-32巻セット 以降続巻)



sponsored link



5/4(sat)

晩飯は餃子を大量に食べるつもりだった。

しかし、中国の業者がネズミやキツネの肉を牛肉として売り数百件の業者が逮捕されたニュースや、中国のダニに巣食われた犬の写真を見ているうちに、なんだか気持ち悪くなってきて肉を喰う気が失せる。

したがって晩飯はあっさりとした蕎麦を4~5人前食べることで解決。

5/5(sun)

自分のハンドルネームをネットで検索してみたら、自分のことについて書かれている「2ちゃんねる」のスレッドが出てきたので、まとめて読んでみる。

一時期は赤羽署の刑事が何度か自宅に事情聴衆にやってきて大変だった(というより面倒だった)「後藤誠騒動」の際に盛りあがっていたスレッドで、もう数年前の内容ゆえ感情的になることもなく、むしろ「人ごと」に近いくらい客観的な気分で読めたが、憶測で書かれた投稿は事実とあまりにもかけ離れていて荒唐無稽でありつつも「へ~、そう見られていたのか」と妙に感心してしまい、これは絶対に知り合いだなと思われる書き込みは、そのクローズな内容や文体から、書きこんだであろう人の顔がパッと浮かんでくるので面白い(あるいは怖い?!)。

横浜で2名のOLと終電前まで飲み。

5/6(mon)

晴天、陽光爽やか、快適湿度。

ゴールデンウィークらしい陽気。

翌日も同様の晴天のようなので、息子に明日は青山や表参道のツボ店にいろいろ連れってってやるよと言ったら、「オレ明日から学校なんだけど……」。

5/7(tue)

ようやく、まゆゆの制服図鑑が届く。

予想以上に東京、神奈川をはじめとした首都圏の高校が少ないなと思いつつも、逆にいえば日本全国バランスよく紹介されており、内容充実・高クオリティ、これで1400円という価格は良心的。

息子と近所の居酒屋で晩飯。
渡辺麻友 制服図鑑 最後の制服 (渡辺麻友写真集)渡辺麻友 制服図鑑 最後の制服 (渡辺麻友写真集)

5/8(wed)

ダニについてネットで検索していたら、気持ち悪い画像が多数出てきた。

ダニ対策はキチンとやらないとね。

特に寝室、布団は晴れた日は干そう!

5/9(thu)

息子が熱を出したので学校休ませる。

病院では「ふつうの風邪」とのこと。

薬を飲ませ終日安静にさせる。

5/10(fri)

家中の電気をつけて夜中まで昼寝をしている息子を叱る。

ちょと生活ダラけ過ぎ。

夜中にから揚げ居酒屋で晩飯。

5/11(sat)

夜、新宿三丁目のシェーキーズに行く。

シェーキーズでピザを食べるのはじつに20年ぶりに近く、高校生のころは安かったのでよく食べ放題で友達と食べる量を競ったりしていたものだ。

久々のシェーキーズ、昔と比べるとピザもパスタもポテトも味が良くなっているような気がしたのは気のせいか。

5/12(sun)

先日のシェーキーズの話だが、やはり昼と夜では味が違うという話を誰かがしていたことを思い出した。

タワレコでCD物色、最近のいわゆる名盤と称されるジャズのCDの多くは1000円以下のものが多く、その倍以上の値段で学生時代しこしこCDを集めていた自分っていったいなんなんだろう?と思うほど、今のジャズソフト環境は恵まれていると思う。

しかし、安く手にはいるぶん思い入れも少なくなるのかな?とも思うが、それも含めて音楽との出会いって「縁」や「運」の要素が大きく、そこに安いから云々、高いから云々ということよりも、最終的には良いものをキャッチする才能とアンテナの感度の問題なのだと思う。

5/13(mon)

またもや息子がだらしない。

帰宅すると、家中の電気つけっぱなしでヘソ出して寝ているところなど母親そっくりではないか。

結婚数日後のこと、北海道の出張からクタクタに疲れて夜中に帰宅したときに、電気つけっぱなしで未整理のダンボール山の隙間でジャージ姿でダラしなく寝ていた嫁の姿を見て興ざめしたことが新婚時代のトラウマとなっている私にとっては、まさに最近の息子の叱っても叱っても治らないダラしなさは歴史は繰り返すならぬ「遺伝子は繰り返す」を目の当たりにしているかの如くで、心の奥に封印し、忘れるように努め、実際に十数年間忘れていた、結婚直後に感じた「超ぐーたら女と結婚してしまった!」という後悔と諦念が蘇ってしまったではないか。

5/14(tue)

どうも何かを忘れているなと思っていたら、今日が倉科カナ主演の『遠くでずっとそばにいる』の試写会の最終日だった。

夕方、大崎に行くつもりだったことをすっかり失念していた(来週だと勘違いしていた)。

トロサバ串や梅肉ササミ串を食べたくなったので、息子と近所の居酒屋で晩飯。

5/15(wed)

錦糸町駅ホーム上の立ち食い蕎麦ステーション。

おばさん店員一人に対し、食券買って並ぶ客多数ゆえ悲鳴に近い「おまちくださーい」が、なかなかテンパリ・フュージット。

ノンアルコールデイ。

5/16(thu)

先週、ダニ対策グッズを買ったんだけど、まだ寝室にはダニが生き残っているようだ。

朝起きるとお尻が痒く、赤い斑点ができてるんだよね。

布団も干してるし、ダニスプレーもしてるんだけど、なかなかしぶといね。

5/17(fri)

いまやっている櫻井翔バージョンの『家族ゲーム』のエンディングテーマ。

このキャッチーながらも独特な節回しとサウンドの構築パターンって絶対に本多俊之だろうなと思ったらやっぱりそうだった。

5拍子の打ち込みリフとそれに絡まるサスペンスチックなサックスが印象的な『マルサの女』や、メタリックでベタで極上な打ち込みミュージックの極北ともいえる『ガンヘッド』のサントラ、さらにあっけらかんとした南国チックさを漂わせながらもどこか含みをたたえた『ミンボーの女』のサントラなどなど、私は本多俊之が作りだすサウンドと、その根底にある確信を持った削ぎ落としによる核心を付いたサウンドメイキングが結構好きなんだな。

5/18(sat)

そういえば本多俊之といえば『マルタイの女』のエンディングテーマも『マルサ』に似ていたのでは?

ふと思い出したら妙に気になり、レンタル屋で『マルタイ』を借りて観てみたら、やっぱり記憶通りのリズムとメロディだった。

結局『マルタイ』は最初から最後まで観てしまったが、やっぱり面白いですね。

5/19(sun)

息子とスタ丼屋に行く。

スタ丼ではなくチャーハンの飯盛りを食べる。

あ、これって土曜日のことだった(曜日感覚が麻痺してる)。

5/20(mon)

ふとした拍子に楳図かずおの名作『漂流教室』が読みたくなった。

小学校のときに夢中になって読んだものだが、当時感じたインパクトは相当なものだった。

あ、同じような災害パニックものの『ドラゴンヘッド』にさほど精神的インパクトを受けなかったのは『漂流教室』で耐性が出来ていたからなのかもしれない(もちろん『ドラゴンヘッド』にはこの作品ならではの面白さがあるのだけれど)。

5/21(tue)

伊丹監督デビュー作の『お葬式』を観る。

横浜の焼き鳥屋で飲み。

帰宅後吉牛。

5/22(wed)

おぉぉ、『漂流教室』全巻セットが届いたぜ。

でもまだ読んでいない。

105円ローソン(100円ローソン)で売っている野菜ビスケットに嵌っている。

5/23(thu)

NKB48の『げいにん!THE MOVIE お笑い青春ガールズ!』の試写状が届いた。

うーむ、なんとなく微妙な感じ。

観に行くべきか、行かぬべきか。

5/24(fri)

第5回AKB48選抜総選挙の初日速報。

指原莉乃の1位が「禊」という言葉が思い浮かべるに十分な興味深さだが、それ以上にまゆゆを除く「神7」の凋落に目を覆うばかり。

先年の「潰す気でかかってきなさい」発言の篠田麻里子は現時点では15位だが、本当に後輩たちに潰される結果になってしまうのか?!(なんて書きつつも本当に気になるのは、りっちゃんの今年の順位だけだったりして)

5/25(sat)

江川達也監督バージョンの『東京大学物語』を観る。

いくつかの印象に残っていたシーンの確認もかねて久々に黒澤明の『影武者』を観る。

ツイッターに記事を自動投稿する「Make Bot」の存在を知り、面白いので試しにいくつかの記事を設定してみる。

5/26(sun)

伊丹十三の『ミンボーの女』再鑑賞。

ストーリーが進行するテンポ設定が本当に巧みだと思う。

一緒に観ていた息子も「伊丹監督の“女シリーズ”って面白ぇ~」。

5/27(mon)

久々に『セロニアス・ヒムセルフ』を聴く。

鳥肌が立つ。

いまさらながら、やはりこのアルバムはモンク流の美学の最高到達点だと確信する。

5/28(tue)

このホームページのレイアウトの一部をいじったり元に戻したりの試行錯誤を繰り返して見る。

結局、良くも悪くも長年このレイアウトでやってきたのだから、あまり変えないほうがいいよね、な結論に落ち着く。

息子と近所の居酒屋で晩飯。

5/29(wed)

横浜にて飲み。

寿司屋、のちに焼肉屋。

タクシー帰宅、首都高上でトイレに行きたくなって大変だった。

5/30(thu)

うーむ、たくさん寝たわりには疲れがとれない。

寝過ぎが疲れに拍車をかけてしまったか?

なんだかそんな虚ろな一日でした。

5/31(fri)

過去にこのページにアップしたジャズレビューのいくつかを読み返してみる。

十年以上前にアップした文章などは、本当に自分が書いたものなのか信じられない。

ツイッターのbot用文章作成が結構面白くて、今日もいくつかのテキストを書き、登録してみた。

 - 三文日記