カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

S&Bバリ辛カレーにはシーフードがよく似合う

      2018/05/07

Pocket

我が家で使用しているカレーのルーは、いつもだったら、S&Bのゴールデンカレーかハウスのバーモントカレーかジャワカレー(いずれも辛口)がメインです。

これらのルーを1種類ではなく、違うブロックを混ぜることが多いですね。
特にジャワカレーの場合は、比較てサラリとしていてトロミが他のカレールーに比べるとつきにくいので、グリコのプレミアム熟カレーなどを混ぜて、トロみとコクをつけることが多いです。

あとは、ガラムマサラ、カイエンペッパー、ジンジャー、ローレル、ブラックペッパーなどを混ぜてグツグツと煮こんで作っております。

しかし、先日スーパーでふと目に付いた黒と赤のパッケージ。

どうやらS&Bからは「バリ辛」なるカレールーがゴールデンカレーのバリエーションとして発売されているようですぞ。

なんでも、世界一辛い唐辛子としてギネスに認定されたブート・ジョロキアを使用した期間限定のカレールーのようです。

辛いの大好きな私は、さっそく購入して作ってみました。

具は、エビ、イカ、アサリなどのシーフードミックスにジャガイモ、ニンジン、タマネギにスライスにんにくといった典型的なシーフードカレーですな。

これに、先述したスパイス類を混ぜて、コトコトと煮込み、とろみをつけてはい完成。
早速食べてみました。

予想したほどの辛さではありませんでしたが、それは私の味覚がヘンだからなのでしょう。辛さを感じる日本人の標準的舌よりも辛さに対する耐性がある、というよりは麻痺しているのかもしれません。

なにしろ神保町(御茶ノ水)の「エチオピア」でも、CoCo壱番屋でも店で一番辛いカレーを平気で食べられますから。

もっとも、カレーではありませんが「蒙古タンメン」の北極ラーメンはちょっと気合いと覚悟がいりますが。ただ、蒙古タンメンの場合は辛さに耐えられるか否かの問題よりも、その後のスケジュールにトイレにいつでも直行できる環境か否かの問題のほうが大きいのですが。

私はビーフカレーやポークカレーが小さい頃からそれほど好きではありません。
もちろん牛肉や豚肉が嫌いというわけではないのですが、どうもカレーの香辛料がこれらの肉が持っている野獣臭さを際立たせてしまっている調理のメニューを口にすることが多かったので(学校の給食や安い食堂のカレーなど)、正直、カレーは好きだけれども「まずくて臭いカレーは嫌い」という体質になってしまい、外食の際は、自然にチキンカレーかシーフードカレーばかりを食べるようになってしまっています。

特に牛肉を使ったビーフカレーって、調理する人の腕や、素材に味と臭みがものすごく左右されるような気がして、普通のカレー屋さんでは滅多に頼むことはありませんね。

資生堂パーラーや帝国ホテルの欧風カレーならおいしく食べられるのですが、そんなにしょっちゅう足を運ぶ場所でもないですからね。
だから、どうしても外食する時は、特に初めての店でカレーライスを注文する際は、牛と豚を除いた消去法で、チキンかシーフードカレーをオーダーしているんですよ。
だから家で作るときも自然、チキンかシーフードが多くなる。
そして、今回は冷凍庫にシーフードミックスが余っていたからシーフードカレーにしたわけです。

もともと、肉より魚のほうが好きな人種ですからね。

シーフードカレーの良いところは、魚介類を煮込んだ時に出る汁に甘味があるということですね。

だから、少々辛口に作っても、魚介類のマイルドなエキスがそれを緩和してくれて口の中が幸せハーモニーで満たされるのです。

今回のバリ辛もそれと同様、ルー自体はけっこう辛いものなのかもしれませんが、シーフードと野菜をたっぷり入れたことで、これらのマイルドエキスがチクチクした辛さを緩和してくれたに違いありません。

だから、おいしくいただくことが出来ましたよ。

おそらく、この「バリ辛」のコンセプトは、辛さを優先させるよりも旨味のほうを優先させているのでしょう。

もちろん、野菜や魚介類のエキスが辛さを緩和していることもあるのでしょうが、辛い辛くない以前に、口に入れた瞬間に口の中と鼻孔を突き抜けてゆくスパイシーで鮮烈な香りが非常に爽やかなのです。

単に辛くするだけだったら、いくらでも出来るであろう中、きちんと普通の食事としても成立させるだけの香りと味のブレンド具合も素晴らしいです。

ジャワカレーの辛口にタマネギやエビなどの甘味成分を出す具を入れずに、ルーをシンプルにお湯で溶いた時のような辛さと香りに近いかもしれません。

そして、二口、三口を食べ進めるうちに気が付くでしょう。
このカレールーの目的は辛さにあらず、辛さはあくまで鮮烈な爽やかさを引き立てるための推進力に過ぎないということに。

だからこそ、夏に食べるとスカっとするはずです。

これは、今までのカレーのルーの中ではかなりベストに近い位置にランキングしました。

ごちそうさま!

記:2018/05/04

関連記事

>>神保町のカレー店「エチオピア」で流れるミンガスの『タウン・ホール・コンサート』
>>カレー屋でリトル幸せを感じる瞬間
>>「咖哩なる一族」淡路島直送タマネギを使ったタマネギカレーの店

 - 飲食