カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

「パク森カレー」の大根カレーにインスパイアされて、ダイコンチャーハンを作ってみました

      2018/01/14

Pocket

daikon

昨日は、帰宅後、冷蔵庫の中を見たら、冷や飯とダイコンの残りがありました。

これを使ってダイコンチャーハンを作ってみました。

大根というと、どうしても漬物、あるいは煮て食べるというイメージが強いですが、焼いて食べても実は旨い!ということを、六本木の「やさいや」で知った私は、折に触れて大根を軽く鉄板で炒め、塩コショウを軽くかけたものを作っては食べています。

カンタン、お手軽、なおかつ旨くて身体にいい。

市ヶ谷にある「パク森カレー」で、以前、大根のカレーを食べたことがあります。

残念ながら、大根の酸味が辛味に勝ってしまい、カレーライスとしては、それほど旨く感じられませんでしたが、「へぇ、こういうアプローチもアリだなぁ」と思ったものです。

冷や飯とダイコンを見て、「ダイコンチャーハン」を作ろうと閃いたのは、この2つの経験から。

早速、冷や飯を炒めます。

カタカタに固まってます。

ご飯をフライパンの中央からどけ、かわりにたっぷりと紹興酒をたらします。

ジューという音とともに、アルコール分が蒸発していきます。

この湯気とともに、ご飯も少しずつほぐれてきます。

塩コショウを軽く。

ついでに輪切りにした鷹の爪もパラリと。

ご飯のカタマリがだいぶほぐれてきたところで、細かく切り刻んだダイコンもフライパンにほおリ投げ、炒め、炒め。

あとは、ナンプラーをかけ、火を止めた後は、オイスターソースで味を調えて完成。

ご飯の表面が薄茶色のツヤで輝いてます。

タイのホテルで食べた炒めご飯を思いだしました。

うまそうです。

食べました。

うまかったです。

今回はタマゴをいれずに作ってみましたが、次回はタマゴをいれたバージョンにもトライしてみようと思います。

深夜の冷蔵庫の残り物で作る料理って、なんでこんなに旨いんだろう(笑)。

記:2006/12/14

関連記事

>>チャーハン 札幌
>>香味ペースト侮りがたし!簡単にパラパラ炒飯が出来るのだ

 - 飲食 , ,