カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

サバの塩焼きとかぼちゃの味噌汁

      2018/01/14

Pocket

saba_shio

昨日の晩飯のプロデュースは、息子でした。

プロデュースといっても、要は献立を考えるだけなんですけど、細かく材料の指定までしているので、プロデュースって大袈裟な呼び方にしておこう(笑)。

息子が昨晩食べたかったものは?

ハンバーグ?

スパゲティ?

赤いウインナー?

……これじゃあ、伊武雅刀の《子供たちを責めないで!》の歌詞だっつーの(笑)!

いやいや、違うんだなぁ。

もっと渋いです。

まず、開口一番、

「俺は今晩、サバが食べたい。しかも味噌煮ではなくて、塩で焼いてレモンを絞ったやつ」だそうです(笑)。

ご飯は、五穀米をいれて固め炊き。ま、これはわが家の標準モードのご飯。味噌汁は、かぼちゃを大きめに切ったものと玉ねぎの味噌汁(笑)。

あとは、梅干し。

これ、全部息子が食べたいといったもの。

私のリクエストでカクテキも加わりましたが、塩サバ、ご飯、かぼちゃの味噌汁とは、なんて地味で渋くて健康的な食事なのでしょう(笑)。

そのとおりに晩飯を準備した女房。

息子は、出された晩飯を、「うっめぇなぁ~」 「やっぱりサバは塩控えめに焼いてレモンだよね」 なんていいながら食ってるんですよ(笑)。

そういえば、先週、六本木の「やさいや」に連れていったときも、大阪の泉州地方から送られてきた水茄子を「うめぇ、うめぇ」とぱくついてましたからね。

水茄子は、その生産量の7割以上が大阪なので、関東では知らない人も多いと思いますが、この茄子は、ほとんど果物です。

旬の時期は(つまり今)、なにもつけずに、厚めにカットしたものを食べると美味しいです。

「やさいや」では、麦味噌や、アンデス産の岩塩も一緒に出され、これをつけて食べるように言われますが、正直、なにもつけないで食べるのが一番美味い。

身体中がスーッと透き通るような清涼感があります。

「やっぱ、うまい野菜はそのまま食べるのが一番だねぇ」なんて生意気なことを言いながら息子は水茄子を食べていました。

そういえば、昔、NHKの連続ドラマ小説で池脇千鶴が主演の『ほんまもん』という精進料理ドラマがありました。

その中で、女性が男性を家に招待したときに作る料理について尋ねるシーンを思い出しました。

「男なんて、サバの味噌煮とジャガイモの煮っ転がしを食べさせれば泣いて喜ぶわよ」

サバとジャガイモの煮物が、日本の男性が喜ぶ家庭料理だとすると、少なくともサバが好きな息子はすでに、その予備軍ですね。

肉よりも魚が好き。野菜はバクバクと「うめぇなぁ~」と食べまくる息子は、小学一年生、7歳。

身長はすでに140センチを超え、150も目前です。

コイノボリのようにスクスク育ってます(笑)。

記:2006/08/14(from「趣味?ジャズと子育てです」)

 - 飲食 , ,