カフェモンマルトル

ジャズと映画と本の日々:高野雲

握力と寿命

      2016/05/29

Pocket

寿命と握力は比例するらしいです。

よく誤解されるのが、ベーシストは握力が強い、ということ。

ま、たしかに強い人も多いことは確かではありますが、私はどちらかというと弱いほうです。

よく、「ウッドベースとか弾いていると、握力が鍛えられるでしょ?」と言われますが、握力よりも、指の力が鍛えられます。

もちろん、あのぶっ太いネックを掴み続けるのだから、ある程度の握力は必要かもしれないけれども、それは、ポジション上の指の位置、つまり、手の形をキープするための、どちらかというと持久力としての握力のパーセンテージのほうが強いのではないかと思います。

(だから、慣れるまでは、手の平がグリグリと痛いが、だんだん慣れてくる)

ベース、とくに左手でキチンとした音程をとるためには、指先の力が強いほうが良いんですね。

じゃあ、どうやって指先の力を鍛えるのかというと、特に特殊な器具が必要というわけではなく(発売されてはいますが)、やっているうちにだんだん強くなるんじゃないかな?

私は特に何もやっていないし。

だから、私、指先の力はけっこう強いらしく、女房の肩や首をもんでやると、「効く!」そうです。

しかし、握力が寿命にかかわっているというのならば(全体の筋力を測るバロメーターなんですってね)、俺も、ちょっと家にあるグリップでシャコシャコと握力アップ、とまではいかないが、握力キープを心がけようかな。

指先を鍛える器具にはこのようなものがあります。

★ピアノやギターの練習に最適 ★指の筋力トレーニング 握力トレーニング  エクササイズ★ピアノやギターの練習に最適 ★指の筋力トレーニング エクササイズ

これを使ってトレーニングをしたら楽しそうですが、ナマケモノゆえ、なーんもやってません。

もっとも、握力と寿命の相関関係は「ある」とする説がある一方で、因果関係としての「握力と死亡リスク」を証明することはできないと唱える説もあります。

そうか。じゃあ、無理して握力を鍛える必要もないなと、またもや私のナマケモノ心が満足し、結局何もすることなく、今日も一日が過ぎ去ってゆきます(笑)。

記:2007/05/06

 - 雑想 雑記

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。