カフェモンマルトル

ジャズと映画と本の日々:高野雲

父親は遊びながら仕事をしている?

      2016/02/16

Pocket

ahiru

ここ2日間ほど、午前様なので、ほとんど息子とは会話を交わしてません。

朝にちょこっと「おはよう」の挨拶と、近況を話し合うぐらい。

午前様な私はなにをやっていたかというと、仕事じゃなくて、飲み(笑)。

先週、忙しかったぶん、今週は少しハメをはずしたいなという欲求もあり、二日連続で六本木や西麻布で飲んだくれていました。

飲む前は、映画の試写会にも行きましたね。

昨日観たのは、『私の頭の中の消しゴム』。

韓国映画です。

私の頭の中の消しゴム [DVD]私の頭の中の消しゴム [DVD]

ソン・イェンが主演ですが、彼女可愛いですね(笑)。

公開が始まった『四月の雪』にもヒロインとして出ているので、もうこの秋は、ソン・イェン人気が沸騰しそう…、あれ?それはあくまで男からみた場合か。

女性は彼女のことどう見ているんだろう?

「チャン・ツィー好き」といったら、彼女や奥さんにイヤな顔されちゃったという男性が私の周りには何人かいましたからね。

ソン・イェンも、わりかしチャン・ツィイータイプかもしれない。

清楚で髪が長くて。

男が憧れやすいタイプ(笑)。

で、映画ですが、私にとっては、両方とも△って感じかな。

「すっごくイイから絶対みてね」と妹に言われたから試写室に足を運んだのですが、妹が「スッゴイいい」と言うほどでもなかったかなというのが正直なところ。

ただ、映像やニュアンスや雰囲気をじっくりと味わいたいのならば『四月の雪』を、デートムービーとしては、『消しゴム』がいいんじゃないかな?と思いました。

ただ、見終わった後の余韻というか、シーンが蘇ったりして頭の中でしばらく引きずるのは『四月の雪』のほうかもしれない。

昨日、というか本日の朝に帰宅すると、テーブルの上には、汚い字で書かれた息子からの置き手紙が。

ははうえへ

おしごと いそがしいけども がんばってね

(ピースをしている自画像の絵)

なんで父上じゃなくて、母上なんじゃい!(笑)

ま、女房も働いているから、仕事が忙しくて大変なのは私一人だけではないのですが、オレにも置手紙せんかーい!と思いました(笑)。

息子を仕事に連れていったことは数回あります。

もっとも息子を連れていっても大丈夫なほどの仕事内容なので、そんなにハードな内容でもなく、ユルい仕事内容ではあるのですが、どうやら息子は私の仕事はラクな仕事だと思っているみたいですね。

母親は忙しく仕事にかけずりまわり、父親は楽しく遊び感覚で仕事をしている…。

どうやら、そういう認識なのかもしれない。

ま、いいんだけどさ(笑)。

記:2005/09/23

 - 雑想 雑記 , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。