カフェモンマルトル

ジャズと映画と本の日々:高野雲

吉祥寺のボニー・アンド・クライド

      2016/11/28

Pocket

lamp

知り合いの息子さんがアルバイトをしているという店、そして、あのジャズ・エッセイストであり、オーディオ評論家であり、ジャズ喫茶「メグ」のオーナーでもある、寺島靖国氏が経営する店でもある『ボニー・アンド・クライド』に行ってきた。

喫茶店かと思っていたが、ハンバーグ&ステーキレストラン、あるいは、洋食屋さんのような趣きのお店。

ドアを開けた瞬間から、肉とソースと油の入り混じった匂いが鼻孔をくすぐり、食欲が沸いてくる、
……はずなんだけども、私は直前に、わんこつけ麺6杯を食べたばかりだったので、さすがに食欲は湧かなかったが。

寺島レコードのポスター(『アローン・トゥゲザー』や『ベサメ・ムーチョ』)が店内に貼りだされ、カウンターの上はCDラックで、面出しされていたCDは、寺井尚子やジョニ・ジェイムスだった(笑)。

トイレの前のラックには、過去の寺島さんの著作も積まれており、寺島さんの店だということが、ひと目で分かる。

もっとも、お客さんは、べつにジャズを求めてやってくるわけではなく、
純粋に食事目的で来ている人たちばかりのようだ。

成蹊大学の学生とおぼしき男の子グループ、遅い昼食をとりにきたサラリーマン、おしゃれにめかしこんだ大学生ぐらいの女の子2人グループなど、みな、ハンバーグ定食のような食事をオーダーし、会話に花を咲かせていた。

伊勢丹の前の通りをちょっと横にはいったところにある、初めての人にはちょっと、分かりにくい場所にある地下1Fの店だが、吉祥寺でお腹をすかせたとき、できればBGMがジャズだとちょっといいかなと思ったときには、うってつけの店だとは思った。

私はソフトドリンクを一杯飲んだだけで店を出てしまい、せいぜい店にいる時間は10分程度だったが、そういえば、この店、リクエストはできるのかな?

記:2009/05/13

 - 雑想 雑記

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。