カフェモンマルトル

text:高野雲

*

キャサリンちゃん(仮名)を見て、ビグザムを思い出す。

      2016/03/03

Pocket

cat

学生時代に猫を飼っていました。

いや、飼っていたというと語弊があるかな。

ようするに、ノラ猫なんですが、腹が減ったときと、退屈したときだけ、ジャズ研の部室に私を訪ねてくるのです。

私以外の部員にはあまりなつかなかったのは、いつも私が部室にいたからなのかもしれません。

なにせ、大学には毎日朝から晩までいたのですが、授業という授業は、ほとんどサボって出てませんでしたからね(出たとしても、一番後ろの席でベースのスケール練習や、作曲などをしていた)。

猫の名前、私は「ビグザム」と読んでいました。

本当は「機動ビグザム」なのですが、長いので、だんだんと「ビグザム」に。

そのビグザムですが、腹が減ると、私の前で仰向けになります。

思いっきり腹を出して、無防備な姿になって「ごろにゃーん」と「食べ物ください」ポーズをとります。

見ていて面白いので、私はなかなか食べ物を与えません。

たまりかねたビグザムは、今度は、私の靴やジーンズの裾にほっぺたをスリスリして、「お願いだから、食べ物をちょーだいよーん!」と甘えます。

ひとしきりビグザムのパフォーマンスを楽しんだ後、私は部室のロッカーから買い置きしておいたカルカンを持ってきて、ビグザムに与えます。

管に顔を突っ込み、ムシャムシャと一心不乱に魚肉を食べるビグザム。

「おい、お礼ぐらいしろ」と言っても、聞く耳持たず。

私を無視して、ひたすら目の前の餌をむさぼることに夢中です。

食べ終わると、「ぷいっ」と横を向いてお礼も言わずに去ってゆきます。

さっきまでの地面に仰向けになって「ちょーだいポーズ」をしていたことなど、どこ吹く風です。

しかし、そんなビグザムの「食べ物ちょーだい」ポーズが見たくて、私はカルカンを絶やさないようにストックしていました。

今日、息子を保育園に連れていったら、ふとビグザムのことを思い出しました。

なぜなら、最近息子と仲の良いキャサリンちゃん(仮名)が、息子の姿を見るやいなや、「空くーん!」と手を振って、保育園の廊下の上に仰向けになってゴロニャーンなポーズをしたからです。

これが大人の女性だったら、すべてのオトコは彼女にダイビングを決めていたでしょうが、キャサリンちゃんはまだ6歳。

このポーズを見て、私は猫を、いや、ビグザムの食べものちょーだいな、なポーズを思い出しました。

にしても、男の子を見たとたん、床に寝っころがって無防備な姿になるキャサリンちゃんって、大きくなったら一体どんな女の子になるのでしょう?(笑)

息子は冷酷にもそんなキャサリンちゃんの横を「おはよう」と言ってスタスタと通り過ぎてゆきました。

冷たい奴だ(笑)。

これも、あとで「わざとだよ、わざと」と言うんでしょうか?

関係ないけど、今日、書店でフェアやっていたので、何冊か買い込みました。ちょっと値段は高めだけど、読みやすく編集されたシリーズだと思います。

記:2006/02/28(from「趣味?ジャズと子育てです」)

 - 雑想 雑記 , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。