カフェモンマルトル

text:高野雲

*

ダヴィンチに興味を持っているようです。

      2016/03/03

Pocket

davinci

私は昔からムンクが好きで、中学生のときはムンク展に何度か足を運んだりもしてました。

で、最近、

という本が発売されたので、早速購入し、なかなか良い装丁の本なのでしげしげとカバーを眺めながらニコニコしていたら、息子が、「ボクはねぇ、叫びも好きだけど、ニコッとちょっとだけ笑っている女の人の絵がいいなぁ」と言いました。

「モナリザのことか?」と聞いたら、「そう」。

へぇ、モナリザのこと知ってるんだと思いました。

そういえば今号の『BRUTUS』はいいですね。

天才特集。

フランク・ミューラーが表紙の号。

この号も息子は気に入ったらしく、毎日ページをめくっています。

息子はこの特集のどこが気に入っているのかというと、ダヴィンチの残したノートというか、紙に書きとめたアイディアのスケッチ。

ほら、ヘリコプターみたいな乗り物のスケッチとか、両手を広げた男のスケッチとか、内臓のスケッチとか、有名なメモがありますよね?

あれが、ブルータスの天才特集の扉になっているのです。

息子はこのメモに惹かれたらしく、ボクもこういう絵を書きたいなぁと呟いています。

このメモを描いた人はレオナルド・ダヴィンチで、モナリザを書いた人だよ、昔イタリアにいた人で、色々なことが出来た万能の天才なんだよ、と教えてあげたら、興味深げに聞いていました。

今日、楽器の修理のついでに息子を連れて神田の三省堂に寄ったら、『ダヴィンチ・コード』のフェアが行われていました。

ま、上記のような本とかDVDが陳列されているわけです。

息子は、このコーナーを見て「おおお!」と歓喜の声をあげ、モナリザの絵を指差して、こう言いました。「あ、もにゃみじゃ!」

……もにゃみじゃ(笑)。

記:2006/02/25(from「趣味?ジャズと子育てです」)

 - 雑想 雑記 , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。