カフェモンマルトル

text:高野雲

*

シゴトひと段落。エヴァンスとジム・ホールの音に酔い気分。

      2016/01/23

sake

大きな仕事も峠を越し、ようやく家に帰って落ち着くことが出来ました。

会社泊まりが数日続いたとはいえ、まぁ、マメに家には帰ってはいたのですけどね。

目的は、着替えと、風呂と、郵便物チェック。

でも、だいたい家にいる時間は30分とか40分ぐらいで、

用件がすんだらとっととシゴトに舞い戻る、先週末から、そんなことの連続でした。

で、ようやっと自宅で夜を過ごせるようになった昨晩、のーんびりした気持ちで、ビル・エヴァンスとジム・ホールのデュオを聴きながら、久々にリラックスしながらお酒を呑んでました。

エヴァンスとホールのデュオといえば、『アンダーカレント』が有名ですよね。

アンダーカレント
アンダーカレント

でも、私が今回聴いたのは、こちらのほう。『インターモデュレーション』。

インターモデュレーション
インターモデュレーション

こちらも、なかなか良い。

『アンダーカレント』の代表ナンバーである《マイ・ファニー・ヴァレンタイン》のような鋭さや緊張感はないかわりに、じわりと染みてくる暖かさがあるんですよね。

だから、ちょっと疲れたときに酒飲みながら聴くと、じわりと暖かなピアノとギターがブレンドされた音が体内に染みてきて、やわらか~く、暖かな気分、そして音で「ほろ酔い」気分にしてくれます。

記:2006/01/21

 - 雑想 雑記 , ,