カフェモンマルトル

ジャズと映画と本の日々:高野雲

練習の快楽

      2016/04/13

Pocket

time

不規則な生活を強いられる仕事ゆえ、毎日ベースを練習しているというわけではない。

しかし、時間を見つけて“なるべく毎日”、10分程度だが、練習はするようにしている。

“毎日練習している”というと、「偉いですね」「大変ですね」といった声が必ず返ってくる。

べつに私は偉くはないし、大変だとも思ってもいない。

義務、特訓、ストイックといったイメージを持つ人もいるかもしれないが、実際のところは、そうでも無い。

むしろ逆で、単純に「快楽」。

快楽だからこそ、毎日続けられるのだと思っている。

指を動かして音を出すこと自体が単純に気持ちが良いのだ。

だから、ストイックとは正反対。

単純に指を動かす気持ちよさが良かったりするのだ。

多くのプロの楽器弾きもそうなのだと思う。

もちろん、技量の維持と向上、消化すべき課題などは山ほどあったり、プレッシャーも感じるんだろうけど、それ以前に「鍵盤を押す運動が単純に楽しい」「弦をはじく(こする)運動が単純に気持ちよい」という生理的な喜びが必ず奥底にあるはずだ。

もっとも、それがなければ、プロとしてはやっていけないんじゃないんだろうけど。

練習というから“宿題”“お勉強”と同じイメージが働いちゃうんだろうね。

楽器と“遊ぶ”、“戯れる”という感覚が近いのかもしれない。

記:2004/01/25(from「ベース馬鹿見参!」)


 

 - 雑想 雑記 ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。