カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

風呂が好きになってきた

      2017/04/15

Pocket

sekken

風呂嫌いの反動

長らく風呂嫌いだったことの反動か、最近は風呂が好きになってきた。
1日に2回、多いときは3回入ることもある。

自分でも驚くほどの変わりようだ。

朝 風呂

ここのところ私は朝、起きるのがわりと早い。

特に最近では6時、早いときは5時に目が醒めて寝床から這い出てしまう。

最初にすることは、まず、コーヒーかトマトジュースを飲むこと。
そして、次にすることは、入浴。

寝る前に、つまり、数時間前に入ったばかりなのに、夜と朝は「別腹」ならぬ「別肌」なのか、無性にお湯が恋しくなってしまうのだ。

昔から私の風呂は、「烏の行水(からすのぎょうずい)」なので、風呂そのものに入っている時間は短い。

しかし、ちょっと風呂につかるだけでも、朝から身体全体が気持ちよさと満足感が駆けめぐってくる。

この変化、年をとった、と考えられなくもない。

ちょっと前の自分からしてみれば、信じられないことだ。

脳が悦ぶ

しかし、風呂に入るのが嫌だった頃の生活、心理状態と、風呂に入るのが好きでしょうがない現在の生活、心理状態を比較すれば、確実に今現在のほうが充実して、落ち着いた生活を送れていると思う。

風呂が嫌いで仕方がなかった頃の自分を振り返ってみると、なんて殺伐とした自分だったのだろうと思ってしまうほどだ。

皮膚は脳の情報入力端末なんじゃないかと思えてしまうほど、お湯に浸かっていると、脳が悦んでいるような実感があるのだ。

そんなわけで、しばらくは1日に風呂2回の生活は止めようとは思わない。
いや、身体が既に止められなくなっているのかもしれない。

記:2002/08/24

●関連記事
>>銭湯ぽかぽか嬉しいね

 - 雑想 雑記