キャベツたっぷり!ホイコーロ炒飯をメガマックを食べた後に作って食べた

      2015/05/30

Pocket

cabbage

昨日は、ほとんど、出ずっぱりでした。

美容院、ジャズ喫茶、ジャムセッション……。

しかし、昼時は家にいた。

女房はバレエに出かけてしまったので、私が息子とご飯を食べるのです。

近所のマクドナルドの前に、「メガマック」なる新メニューがあったので、息子に買ってこさせました。

息子は、「えー?マックがお昼ご飯? オレ、蕎麦がいいよ」と抵抗しましたが、

「なにをいう。父上が食いたいから食うのだ。お前もつきあいなさい」

と強引に説き伏せ、かってこさせました。

感想は、ま、ウェンディーズの4枚重ねバーガーのようなものですね。

肉のパティを重ねれば重ねるほど、口の中がパサパサしてきますが、まさにあんな感触。

ただし、ネーミングと売り方はいいですね。

ウェンディーズのバーガーよりも、覚えやすいネーミングと、この商品名だとパティは4枚!と分かりやすい。

ヘンに肉の枚数を選択制にするよりも、買うほうの気持ち的にはあれこれ迷わずにラクだし、売るほうもスッキリ、シンプル。

「メガ」という言葉がうまいですね。

しかし、結論からいうと、個人的には好みではない。

だったら、ビッグマック食ったほうがいいや、というのが私の感想です。

しかし、メガマックを食っただけで腹が満たされる親子ではありません。

冷蔵庫をあさります。

「おお!キャベツが半分ある!」

キャベツを全部ザクザクに切ります。

あとは、「おお!冷や飯がある!」

よし、チャーハンです。

普通のチャーハンだとつまらないので、今回はホイコーロ・チャーハンです。

ザクザクに切ったキャベツをゴマ油でいためます。

このとき、フライパンからキャベツがあふれんばかりですが、すぐにシュンとなってくれます。

あとは、アクセントに、ニンニクやら鷹の爪やらを入れて、あとはご飯と炒めて、味噌で味付け。

いつもならば、紹興酒で味を調え、色をつけるところですが、今回は味噌なので、日本酒で味を調えます。

で、ご飯がいい感じになるまで、ひたすら炒めてできあがり。

ホイコーロというと、キャベツと豚肉ですが、うちら親子はあんまり肉が好きじゃないので、キャベツだけでも十分いけます。

出来上がりました。

食います。

おお、うめぇ!

手前味噌ですが、飯田橋の駅前にある「蝦夷松」というラーメン屋の名物メニュー「ホイコーロ」に近い味。

これは、ご飯の上に、どかっ!とホイコーロをかけた状態の抵触ですが、ようは、ホイコーロの味噌がご飯に最初から染みた状態で出されるので、このチャーハンのご飯の味は、味噌味が濃厚な「蝦夷松ホイコーロ」とそっくりなのです。

べつに目指したわけじゃないのですが、この店、昔はよく行っていたので、無意識にこれに近い味付けをしていたのかもしれません。

息子と私は、「うめぇ、うめぇ」と平らげました。

冷蔵庫の残り物で簡単に作れて、かつうまいホイコーロチャーハン。

キャベツの冷や飯と味噌があればOK。

あとは、塩、コショウ、酒、鷹の爪、ニンニクなどを使って好みの味付けをしてください。

ポイントは、「え?これってちょっと入れすぎじゃない!?」 と思うぐらいの量のキャベツを炒めまくること。

簡単、簡単、おいしいメニュー。

皆さんもお試しあれ。

▼レッド・ノ-ヴォを聴きながら、ホイコーロ。粋でしょ? え?狂ってる??
Red Norvo TrioRed Norvo Trio

記:2007/01/14(from「趣味?ジャズと子育てです」)

 - 雑想 雑記 , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。