カフェモンマルトル

text:高野雲

*

『仮面ライダーThe First』を観て、2号がちょっと嫌いになった息子は、オリジナルコミックを熟読

      2016/02/16

Pocket

仮面ライダー THE FIRST [DVD]

『仮面ライダー』のリメイク版映画『仮面ライダーThe First』。

息子を連れて、この映画を観に行ってきました。

仮面ライダー THE FIRST [DVD]仮面ライダー THE FIRST [DVD]

調べてみると、上映館が少ないんですよ。

都内だと、渋谷と大泉だけ。

しかも、渋谷はレイトショーのみ。

土日はモーニングショーもやってますけどね。

だから、土曜日の今日はモーニングショーを観に息子を連れていきました。

会場は満席でした。

幸い、我々は早めに入場出来たので良い席を確保できたのですが、後から来た家族連れは、「だから、朝『響鬼』を見ているから来るのが遅れちゃったんじゃないか」なんてブツブツ言うお父さんの声も場内でチラホラ。

私はこの映画、試写会で観ているので、今回はストーリーよりもディティールを楽しむつもりで見ましたが、うーん、2度見るにはちょっと辛い内容ではありますね。

そりゃリニューアルされたライダーはカッコいいし、ライダーキックには興奮だし、オープニングの子門真人バージョンの歌には鳥肌だし…、なんですが、部分がよくても、全体的な内容は、1回見れれば満足だったや、って感じでした。

理由を箇条書きになると30個を超えそうなので、面倒なのでやめておきます。

ただ、息子は満足だったようです。

ただ、2号ライダーは少し嫌いになってしまったようですが(もっとも劇中では“2号”という呼称は使われていない)。

会社に寄って、仕事をしている間は、ライダーの絵を描いていたし、帰宅して私が昼飯を作っている間は、ずっと石ノ森オリジナルバージョンのコミックの原作を読んでましたから。

原作のコミックは、今読み返すとと、なかなか面白いですね。

記:2005/11/13(from「趣味?ジャズと子育てです」)

 - 雑想 雑記 , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。