カフェモンマルトル

text:高野雲

*

レモンハートを飲んだら、サヒブかカークを無性に聴きたくなった

      2016/12/02

Pocket

bar

昨日、行きつけのバーで、レモン・ハートを飲んでみた。

古谷三敏のコミック『Bar レモン・ハート』でも有名な、世界で2番目に強いといわれる度数のラムですね。

もちろんコミックに登場するバーの名前も、このお酒から命名されています。

早速飲んでみると、噂にたがわず、かなり強烈。
しかし、うまい(笑)。

最初はロック。
この、内蔵が焼ける感じがたまらんです。
しかし、チェイサーは欠かせません。

次にバーテンの奨めで、カルーアミルク風にカルーアリキュールを混ぜたカクテルで。

強烈だがコーヒーに近いフレバーと、ほのかな甘みのあるレモン・ハートに、リキュールはピッタリ。

最初甘く、次いで、ジワーッと身体の内側が辛い。
うーん、この感触たまらんです。

じっくりと味わいながら飲めました。

こういうとき、適度に静かでムーディなバーのカウンターってありがたいですね。
ゆっくりと目の前のグラスと向き合うことが出来、お酒をじっくりと味わえるから。

これが居酒屋などで、わーわー騒ぎながらガブガブ飲んじゃうと、もう一発で目が回ってしまうことでしょう。
ビールや酎ハイで楽しく会話、というのも嫌いではないですが、年のせいかな?(笑)
どうも最近は、強めの酒を一人じっくり&ゆっくりのほうが好きになってきたみたい、です。
もっとも、昨日は二人でしたが(笑)。

レモン・ハートは、たしかに強いことは強いが、じっくり味わう価値ありでした。
ただ、飲むのはたまにでいいかな、とも。

飲み過ぎて、この度数に慣れちゃうと、麻痺しちゃって、他のお酒をおいしく飲めなくなりそうな感じがするからね。

そして、この強烈さと甘さを味わっているうちに、なんでもいいから、サヒブ・シハブが聴きたくなってきた(笑)。

ローランド・カークでもいいや。
ただし、4ビートをやっているやつじゃなくて『ヴォランティアード・スレイヴリー』あたりの、ソウルな感じのやつね。

店内に流れていたのは、ウイントン・ケリーのトリオだったけど、うーん、ピアノトリオよりも、もっとエネルギッシュで厚みのあるジャズが欲しい~っ!

記:2008/07/04

 - 雑想 雑記

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。