カフェモンマルトル

text:高野雲

またもや迷子。今度は一瞬神隠しかと思ったよ。

      2015/05/31

Pocket

park_night

またもや、息子、迷子になりました。

警察にも協力を求めて探してもらったのはこれで3回目。

「またかよ~」と思いつつも、時間帯が夜の8時を回っていたこともあり(過去2回は昼間)「まさかとは思うけれども、誘拐や事故だったらどうしよう」と、心の中では結構アセりました。

私と女房、そして息子の3人で、新婚ほやほやの弟宅を後にしたのが、昨夜の8時過ぎ。

近所だから、ついでに私の実家にも寄るか、ということになり、弟の家からおよそ500m程度離れた私の両親の家に息子を先行して行かせました。

弟の家から、実家までは大きな道を真っ直ぐ。曲がることはないし、カーブもありません。昼間だったら弟の家の前から実家の家まで肉眼で見えるほどの距離です。

息子1人をいきなり訪問させて、両親を驚かそうと思ったのですね。

「おじいちゃん、おばあちゃんの家に先に行ってな。父上、母上は、あとでゆっくり行くから」。
「うん、分かった」。
息子は、私の実家に向かってダッシュをしました。

ところが、 目的地に到達するまでの僅か25~300mの間でばったりと姿をくらましてしまったのです。

てっきり家に上がっていると思って数分遅れて我々は両親の家に訪問したら、息子は来ていないとのこと。

夜なので遠くまでは見えませんが、両親の実家の手前の建物までは走ってゆく息子の背中を確認できたので、目的地の1~200m手前で忽然と姿をくらましてしまったというわけです。

あわてて周囲を探しても全然、息子は見つからない。

女房、実家の両親、弟と手分けをして一帯を探すと同時に、万が一のことを考えて女房は近くの交番に届けも出しました。

なにせ、目的地はハッキリしている上に、その目的地と我々が視認できた距離までの間は、100~200m。

この短い距離の中で一体何が起きたのか。

考えようによってはミステリーです。

とくに、クルマが前方で停車したわけでもなし、実家の手前の建物は、いずれも商用の建物ばかりなので、間違って入り込むこともない(念のためそれらの建物の中も捜索しましたが発見できず)。

一体どこへ消えてしまったのか……?

いなくなったと考えられるエリアが狭いだけに余計心配がつのります。もしや、神隠しでは……?

結論から言えば、息子は1時間後に、近所の顔見知りのおばあさんに保護され、警察に連絡が行き、交番に無事届けられました。

どうやら、私が行けといった場所(実家)には行かず、思いっきり実家の前を通り過ぎ、猛ダッシュで2~3km離れた我々の自宅に向かい、自宅周辺をうろうろしていたようです。

自宅はオートロックのマンションなので、鍵を持っていない息子はマンションに入れず、マンションの周辺を歩き回っているところに近所の顔見知りのおばあさんに「どうしたの?」と声をかけられたようです。

いずれにしても、見つかったよかったよかったです。

2年ぐらい前に、上野動物園の近くで迷子になったこともありましたが、そのときは、なんと文京区の千駄木近辺で保護されたのです。

いくら探しても見つからなくなった警察の手配で根津近辺の商店街にも協力を仰ぎ、私はパトカーに乗せてもらって、エリアを拡大してくまなく周囲を捜索したものです(パトカーの助手席乗れて楽しかった)。

そのときに比べれば、早い発見で良かったのですが、この件といい、今回の件といい、息子は目的地が分からなくなっても引き返さない、しかも、我々が想定したエリアよりも遥か遠くのエリアで発見されることが多い、つまり、猪突猛進なイノシシみたいなヤツだということを、今後念頭に入れておかなければならないな、と思いました。

迷子になる子は好奇心や冒険心旺盛な子と言いますが、いなくなられた親としては、ホント、ヒヤヒヤものです。

人の話をちゃんと聞いて行動しないと、たくさんの人に迷惑を及ぼすのだぞ、と今回は、ライダーキックとブーメラン・テリオス一発ずつでカンベンしてあげました。

大泣きしながら息子は、私の実家、弟の家、近所のおばあちゃんの家に、「ごめんなさい、迷惑かけました」と電話をしました。おそらく、電話の向こうの人たちは、「大丈夫だよ、心配いらないよ。」と慰めの言葉がかけられていたのでしょう。余計に息子の嗚咽が大きくなり、最後は「ご、ご、ごめん…、ごめんねー、エーん!」と大泣き状態でした。

これで懲りてくれればよいのですが。

将来の夢は考古学者と冒険家で世界各国を旅して回ることが夢だそうですが、あんまりこの年齢から放浪されてもねぇ…。

▼「迷子になる子は好奇心が強いのよ」といったようなことを英才教育ママが語る城山三郎の名作。小学6年生のときに読んだ。受験ってイヤだなぁと思った。
素直な戦士たち素直な戦士たち

▼うちの近所には三越ないけれども、なにか目印決めておくと良いかもね。
迷子になったら三越に行けばいい迷子になったら三越に行けばいい

記:2006/07/03(from「趣味?ジャズと子育てです」)

 - 雑想 雑記 , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。