カフェモンマルトル

ジャズと映画と本の日々:高野雲

もみもみのみのみ~六本木の「鳥良」~編集部~神保町

      2015/10/08

Pocket

city_night

今日は、「音聴き会」の常連さんと、六本木の「鳥良」に行ってきました。

アルテックとパラゴンのスピーカーがドーン!と鎮座おわしますステージのまん前の席です。

本当は女装していこうと思ったのですが、今日は、女性客よりも男性客や、白人外人客が多かったので、べつに女装しなくても良かったと思いました。

というか、この店、行くときは、いつから女装していくことになったんだっけ……?

まあいいや。

たまたまカバンの中にはいっていた秋吉敏子の『リメンバリング・バド』を渡したら、最初から最後まで通しでかけてくれました。

リメンバリング・バド (MEG-CD)リメンバリング・バド (MEG-CD)

家で聞くときは、かなり面白くない内容に感じるのだけれども、ビールのせいか、料理のせいか、会話が弾んだせいか、音響のせいか、いつもより3割増しに良く聞こえました。

不思議なものです。

いや、不思議じゃないか。

ジャズは気分!

というよりも、私が気分屋だけな話なのかも。

そのあと、六本木の別の店で飲みました。

で、今は、編集部に戻り、シゴト中なのですが、これから神保町に繰り出して、飲もうと思っています。

今日は気分がいい。

だから、酒がうまい日なのです。

そういう日に飲まないのは、もったいないのであります。

だから、飲む!

以上。

記:2007/06/13

 - 雑想 雑記 , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。