ノートはオレの宝物で、命の次に大事だから

      2015/05/27

Pocket

note

先日、息子と風呂にはいっていたときのことです。

人間の脳内麻薬の話題になりました。

ようするに、楽しいことワクワクする人は病気になりにくいし、逆に、いつもジメジメ、ウダウダ、暗くて、不安を抱えている人は病気になりやすい。

それどころか、暗いことを考えることは、すなわち人間誰しもが持っている体内のガン細胞の種に水をやっているようなもんなんだぜーというような話です。

興味深げに聞いていた息子は、「じゃあ、オレは元気で明るいから大丈夫だ」と自信満々。

しかし、どんな明るくポジティヴな人間でも、時には暗い気分になったり不安な気持ちに陥りことはある。でも、大事なのは、そういう状態から出来るだけ早く抜け出す方法を自分で持つことだ、というような話をしました。

この方法は人それぞれで、もっと大きくなったら自分なりにそういう方法を見つけなさい、というような話もしました。

昔から伝わるオマジナイのたぐいでもいいし、ゲンをかつぐのも良い。

音楽を聴いたり、体操したり、絵や好きな映画を観るのも良し。

自分にとって効果のあることには、科学・非科学関係なし。

じつは一番難しいことって、人よりも自分自身のコントロールだったりするから、逆にいえば、自分をコントロールする方法を持てば持つほどいいんだよ、って話をしました。

「ちちうえはどうしてるの?」と訊かれたので、私は「口癖かな」と応えました。

私の口癖、学生時代から「なんとかなるだろ~」です。

最初は甲高い声で「なんとかなるだろ~」と言った友人の話し方が面白おかしくてマネをしていただけなのですが、マネをしているうちに、クセになってしまったのです。

ライブが迫っているのに、ぜんぜん練習していないときも「なんとかなるだろー」。

シゴトで締め切りが迫っているのに、手付かず状態でも「なんとかなるだろー」。

お金と使いすぎて、懐が寒くなっても「なんとかなるだろー」。

こんな感じでオレは生きてきたんだよ。
で、実際なんとかなってきてるし、なんとかならなかったことって思い出せないなぁ、と説明したら、ウケました。

息子は一呼吸おいて、「オレの場合はノートだな」と言いました。

ノートにいいことをたくさん書けば、ボクは大丈夫だ、そうです。

「ノートはオレの宝物だし、命の次に大事だから、それにたくさんいいこと書けば絶対大丈夫なんだと思うよ」だそうです。

うーむ、わが子ながら素晴らしいこと言うじゃありませんか。

ノート研究家の樋口健夫さんが聞いたら泣いて喜ぶことでしょう(笑)。

以前もここに書いたことあるかもしれませんが、非常に大雑把なんですけど、私は親が子供に施す教育って、ノートと読書の習慣をつけさせれば、大半は完了だと思っています。

あとは、辞書や図鑑などで調べるクセをつけさせること、挨拶、礼儀ですね。

調べるクセをつけさせることは大事です。

クセをつけることと同時に、調べるための手段、インデックスを頭の中にたくさん持てば持つほど良い。

これは辞書で調べよう、
これは専門家の誰々さんに聞こう、
これは図書館のあの棚を調べてみよう、
国会図書館や大宅文庫に行って過去の雑誌のバックナンバーを閲覧してみよう、
ネットで検査してみよう、
この資料は青山ブックセンターには置いてありそうだな、
これは調べる時間がないから詳しそうな誰々さんに相談してみよう…

このように目的や状況に応じて、調べる手段をたくさん持てば持つほど毎日が楽しく幸せになる可能性が高いです。

ノートの習慣、
読書の習慣、
調べる習慣。

この3つを、習慣化し、心底身体のクセとして身に付けさせてしまえば、あとは勝手に一人で成長してゆくと思います。

大きくなっても、どんな環境に身を置いてもです。

いや、むしろ、大きくなってからのほうが大事な習慣かもしれない。いつまでも親や先生が付き添ってくれるわけじゃないですからね。

てことは、あとは辞書を友達にさせてしまえば、私の役割はほぼ終了ってことだ(笑)。

あとは遊ぼう(笑)。

記:2007/01/12(from「趣味?ジャズと子育てです」)

 - 雑想 雑記 , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。