パナマってどんな国?『プリズン・ブレイク』と「パナマ文書」と運河のイメージしかないけど - カフェモンマルトル

カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

パナマってどんな国?『プリズン・ブレイク』と「パナマ文書」と運河のイメージしかないけど

      2018/01/12

Pocket

基本雑学いろいろ

パナマってどんな国?

学校では運河の国としか習わなかったし、架空戦記小説の『紺碧の艦隊』では、日本軍が運河を急襲してアメリカの艦隊を動けなくしたし、『プリズン・ブレイク』のシーズンスリーでは、主人公がパナマの刑務所に収監されて脱獄したし、最近だと「パナマ文書」で注目を浴びましたよね。

ただ、我々日本人からしてみると小さい国ぐらいのイメージが大方なのではないでしょうか。

まずは、パナマで話されている言語は?
⇒公用語はメキシコ語

なるほど、そういえば「プリズンブレイク」では、プエルトリコ系のキャラがメキシコ語で通訳してましたからね。

正確な国名は「パナマ共和国」。

日本語漢字の表記は「巴奈馬」なんだと。
それは知らなかった!

パナマとはインディオの言葉で「魚が豊富」という意味だそうです。

金融業が国の経済の中心で、もちろん運河の通行料も重要な財源。
使えるお金はドル(米ドル)。

バルボアという紙幣もあるそうだけど、存在はしていない模様。

発電は水力発電。

エビとバナナがよくとれて主要な輸出物。

鉱業では塩と金で採算が取れているとのこと。

国民は、ヨーロッパ人とインディオ(インディヘナ)との混血であるメスティーソが6割を占め、アフリカ系パナマ人が14%、ヨーロッパ系パナマ人が10%、先住民(アジア系モンゴロイド)が1割だそうです。

宗教はほぼキリスト教、それもローマカトリックが8割以上。

スポーツは、ボクシング、野球、バスケ、サッカーが人気。

なるほど、なるほど、メモメモメモ。

記:2017/02/02

 - 雑想 雑記 ,