カフェモンマルトル

ジャズと映画と本の日々:高野雲

日本酒ペスカトーレ

      2016/05/10

Pocket

pasta

無駄なこと、どうでもいいことに情熱を燃やすのが、私の悪い(良い)癖でして、昨日から、日本酒でうまいパスタを作りたいという欲望がマグマのようにドクドクしています。

日本酒って白ワインに似てると思いませんか?
……って、そう考えているのは俺だけ?

ま、いいや。

とにもかくにも、日本酒でおいしいペスカトーレを作りたかったのよ。

だから、昨日の昼飯は、日本酒をドボドボとフライパンに注ぎ、スライスしたニンニクと、鷹の爪を弱火で煮込み、それに、魚介類を混ぜてたっぷりとダシをとったあとは、ホールトマトを入れてソースを作り、それに、茹で上がったパスタをからませたのですよ。

あ、その前に、どうせ、海の幸だから、もっと「海感」を出そうとして、キッチンにのこっていた「明太子スパゲティ」の元をいれたのがマズかった。

出来上がったパスタ、しょっぱいのよ。

これはあきらかに、明太子の元がトゥー・マッチ。

これさえなければ、けっこう良い味だと自分では思った。

なにせ、日本酒ならでではの「海くささ」が強調された潮風ただよう磯の風味に、トマトとオリーブがたっぷり絡んだこのテイスト!

くっそー、なんで俺、明太子の元なんて混ぜたんだ?

というわけで、今日も、ある天才デザイナー&プロデューサーの方に渋谷の某地中海パスタの店でペスカトーレをご馳走になったのですが、うーん、もちろん、行列ができるほどのちゃんとした店の料理だから、旨いのは当たり前なんだけど、昨日の俺がつくった「日本酒ペスカトーレ」のほうが「磯の香りだぞ!」「海だぞ!」な感じなので、よっしゃ、また、今日の夜はリベンジで、日本酒ベースのペスカトーレを作るぞ!……と意気込んだものの、そういえば、昼はペスカトーレを食べながら呑んだし、その後、銀座でも呑んだ。

だから、なんだか、作る気力が萎えてしまいまして、明日こそ再チャレンジ!

パスタは必ずしもワインを使わなくとも、日本酒でもおいしいの作れマッスル!

ということを自分の中だけで証明して納得したいわけさ。

それをやったところで、どうにでもなるものではないけれども、どうでもいいことに情熱を燃やすのが、私の悪い(良い)ところなので。

記:2007/05/04

 - 雑想 雑記 , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。