連絡よこさない人

      2015/07/15

Pocket

kasa

連絡くださいとメッセージを残しているにもかかわらず、いつまで立っても連絡をよこさない人がたまにいます。

いや、たまにじゃないか。

しょっちゅういます。

もちろん、こちらから再度連絡したときに「あ、忘れていたスイマセン」とか、「スイマセン、メッセージさっき聞いたばかりで(メールさきほど見たばかりで)」、「いやぁバタバタしていて申し訳ない!」のように、一言スイマセンがあれば、別に「ああ、そうでしたか、こちらもお忙しいところスイマセンでしたね」で済むので、なにもシコリは残らないのですが、私はわりと神経質なほうなので、返事をよこさないことを何度か繰り返されると、今後うまくやっていけるのだろうか?と心配にもなるし、場合によっては、「ああ、この人とは縁がなかったな」とあきらめモードになってしまうこともあります。

会社勤めの時は、それでも会社対会社のお付き合いですから、無理してでもストレスを溜めながら、相手のペースに合わせるしかありませんでしたが、フリーになると、付き合う・付き合わないの選択は、こちらの自由。

もちろん、だからといってバカスカと人間関係絶つわけでもないし、そんな傲慢なことを続ければ、気がつけば孤立無援の一人状態になりかねません。

ですので、私はわりと気が弱いほうなので、そのへんはグッと我慢をしてしまうわけですが、「この人とは将来付き合ってもいいし、付き合わなくてもいいんだ」いう選択肢が心の中に一つあるだけでも、ずいぶんと気持ちが楽になれることは確か。

もちろん、反対に、こちらも先方にそう思われないように細心の注意を払わなければならないと肝に命じています。

些細なことが命取りにつながりかねませんからね。

でも、不思議なことに、連絡よこさない人は(私からすると)ダメっぽそうな人(笑)という共通点があり、なんというか、一生懸命こちらが歩調をあわせても、あまりモノゴトがうまく運んだ試しがないんですよね。

リズムの違い、相性の違いというのも大きいけど、スピード感の違いも大きいのかもしれない。

べつに私がスピード感があるぞ、と威張りたいわけではなく、

私とテンポがあわない人は、逆に私のことを、「なんだ、アイツ、せかせかしてばかりいて、相性あわないなぁ」と溜め息付いているのかもしれないし(笑)。

バンドにもドラマーとベースの相性があり、タイム感の違いが良い結果を生むこともあるし、惨憺たる結果に結びつくこともあるように、人間関係のタイム感の差もすごく大きい。

だから、常日頃、ポケットの広い人間(タイム感が広い)にならねばなーと思っているわけだったりするのであります。

記:2008/10/03

 - 雑想 雑記 , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。