カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

タロット占いで「浮気気をつけなくちゃ。好きな女の子15人」な息子

      2016/11/25

Pocket

tarot

先日、息子にトランプ占いを2つ教えました。

占いというのか、暇つぶしの一人遊びというべきなのか、よく分かりませんが、とりあえず、子供には「占い」と言ったほうが関心を惹くので、占いということで(笑)。

2つとも、昔飲み屋をいくつか切り盛りしていたらしい、私のばーちゃんのお姉さんに教えてもらった遊びです。

私が教えてもらったのは、ちょうど息子の年齢ぐらい。

今考えてみると、ばーちゃんのお姉さんにとっては、飲み屋での持ちネタだったのかもしれません。

1つは、時計占いという名前だかなんだかは忘れましたが、ようは、4枚のカードの束を時計状に並べる占いですね。

これは、カンタンだし、知っている方も多いことでしょう。

もう一つは、4枚のカードを並べていって、同じ記号のカードを比較して、小さい数字のカードをどんどん省いてゆく占い。

テーブルの上に残るカードの数が少なければ少ないほどよく、Aのカードが4枚並んで残る状態になると最高。

占い(ゲーム)の名前、忘れちゃったんですが、これもご存知の方も多いと思います。

カンタンなルールなので、息子はすぐに覚えました。

で、先日、早速学童保育でこの占いを披露したところ、「私も占って、オレも占って」と、たくさんのお友達からの依頼が殺到したそうです。

「オレの周りにたくさんの人だかりが出来てさぁ、いつもよりオレ、人気者だったよ」だそうです。

「占いがウケたか。よし、じゃあ、次はタロットだ!」

「タロー?」

「いや、イタリアかフランスではタローと発音するらしいが、日本ではタロットだ。タロット占い。これは当たるぞぉ」

女房が高校時代に買ったというタロット占いセットを取り出し、一枚、一枚、並べてゆきました。

「さぁ、お前の過去は…」

あれ? カードの持つ意味、忘れちゃってるよ。タロットに凝ったのは随分昔だからなぁ。
セットについている小冊子を見るのも面倒なので、検索エンジンで「タロット占い」を検索。

お、占ってくれそうなサイトがあったぞ。

瑛理奈の[山手タロット館]

このサイトで、息子を占ってもらいました。

仕事運、恋愛運、その他 と、占いの種類が選べます。

「どれにする?」

と聞いたら、息子は、

「恋愛。だって、オレ、好きな子がいるんだもん」

だそうです(笑)。

同じクラスのフローネちゃん(仮名)という子らしいです。

ひととおり、過去、現在、周囲の状況などを読んであげて、で、最終結論のカードをクリックすると、出てきた言葉の一つに、「浮気をしてはいけない」という言葉がありました。

私がそれを読んであげると、息子は大きな声で、

「この占い当たってるよ。すげぇ。だって、オレ浮気しそうだもん」

「は?なんじゃそりゃ?」

「だって、オレ、フローネちゃんも好きだけど、他にも好きな子、たくさんいるもん。気をつけなくちゃ」

「好きな子って、何人ぐらいいるんだ?」

「えーとねぇ、15人ぐらい」

じゅ、じゅうごにん…ですか(笑)。

▼もいっかい勉強しなおそうかな。
いちばんやさしいタロットの教科書いちばんやさしいタロットの教科書

記:2006/10/03(from「趣味?ジャズと子育てです」)

 - 雑想 雑記