カフェモンマルトル

text:高野雲

*

曇り正月は、幼い頃の横浜を思い出す。とはいえ、昔の横浜はすでに私の中にしか存在しないのだが……。

      2016/01/10

kumori

正月といえば「晴れ!」な日が多いような気がするんだけど(少なくとも私の経験則からは)、東京は、昨日も今日も「曇り!」なのであります。

しかし、曇った白い天気の正月も悪くないなぁとも思ってます。

私が小さい頃の正月の記憶って、曇り空ばかりなんですよね。

小さい頃は横浜で育ったんだけど、横浜といっても青葉区とか港北区といった、“港なイメージ”が皆無な、何でこんなところもヨコハマなわけ?な“行政的にそういう土地の名前で分類されているヨコハマで”はなく、私が生まれ育った横浜は、本牧のど真ん中だったため、大晦日から新年へとつなぐ、汽笛の音、曇り空、あるいは、日石の煙突が煙をはかないゆえに晴れ渡って富士山の見える青空、三渓園に訪れる観光客(外人客)が、もう私にとって一つの正月なイメージだったのですね。

この白くて、寒くてこじんまりとした正月が、なんだか、幼い頃の正月を思い出しましたですよ。

ああ、横浜行きたくなった。

今の、横浜はあんまり好きじゃないけれども、土地の匂いまでは変わっていません。

だから、ついつい細胞が反応してしまうんですよ。

こと“横濱”に関しては、過去の記憶に甘え、縋るという、みっともないエゴ全開になる私。今の横浜には、記憶のなかの横濱は存在しない。しかし、それでも“嫌い”だけども“まだ好き”という屈折した思いを抱かせる生まれ故郷でもあるのだ。

と思っています。

記:2006/01/02

 - 雑想 雑記 , ,