ライブがダイエット - カフェモンマルトル

カフェモンマルトル

ジャズと映画とプラモの日々:高野雲

ライブがダイエット

      2018/01/14

Pocket

live

私の最近の「デブり現象」について書いてみます。

その大きな理由の一つに、ライブ回数の著しい減少があるのではないかと考えています。

学生時代は、ライブってほどの規模じゃないけど、人前でほぼ毎日演奏していたからなぁ。

社会人になってもマメにライブの回数はキープしていたつもり。

しかし、なんだか、ホームページを立ち上げて、書くことが面白くなってくるのと、ライブの回数は反比例してきたように感じます。

ホームページを立ち上げてからの数年間は、書くことと、ライブすることのバランスは保てていたと思います。

だから痩せていた。

ところが数年ほど前から、つまり、楽しみで書くだけではなく、仕事としての「書くこと」も、チョコチョコと始めてみてからというものの、少しずつだけれども、ライブの回数、楽器に触れる時間が減ってきたような気がします。

だからかな? 自分自身、なんか身体が重いなという自覚症状が出始めたのって、ライブの回数が減ってからなんだよね。

ライブって、結構いい運動になっていたんだな、ということが今さらながら気がつきました。

照明があたるとけっこう汗をかくし、演奏前や演奏中は、人並みに緊張もします。

それに、ジャンルにもよるけれども、ジャズ以外の音楽の演奏は、けっこう身体のカロリーの消耗度が高いです。

ジャズはジャズで脳の糖分消費が高い気がするけれども。

ま、いずれにしても、ライブをすること自体、かなりのエネルギー消費だったと思うわけです。

ところがところが、このライブをこなす回数が減り始めたからなんだろうな、身体が重くなったのは。

もっと進んで、ライブの回数を増やすしかない!?

これぞ、ライブダイエット??

記:2007/04/07

 - 健康 , ,