音版「カフェモンマルトル」(YouTube)もやっています♪

ザ・ジャズ・ブラザーズ/チャック・マンジョーネ 

ザ・ジャズ・ブラザーズ/チャック・マンジョーネ 


The Jazz Brothers

瑞々しいトランペット、アンサンブル

若かりし日のチャック・マンジョーネ。

ジャケット左端ね。
ちょっとだけ手に持っているトランペットが見えますね。

それにしても若い!

とても後年の「手品師おじさん」的な風貌からは想像もできない、若き好青年って感じです。

しかも、この時は、フリューゲルホーンではなく、トランペット1本に専念。

ピアノはお兄さんのギャスパー”ギャップ”マンジョーネ。

演奏内容は、それはもうピカいち!

「フレッシュな」なんて言葉は死後だとは思うのですが、まさにそのような形容がピタリと当てはまる瑞々しいマンジョーネ・ラッパにしびれよう。

さらに、バンドとしての演奏も、ピチピチ勢いよくはじけておりまして、ほんとに純正ハードバップといった感じ。
バンドとしての統制がとても取れていて、聴いていてとても心地よいものがあります。

クリフォード・ブラウン=マックス・ローチ・クインテットに迫るほどの、アレンジ、演奏、一体感を誇っております。

聴いているうちに、どんどん嬉しい気分になること請け合い。

このアルバム、あまり有名ではないようだけれども、マンジョーネの原点を知るという興味はもちろん満たしてくれるけれども、それ以上に、単純一発、爽快なジャズということで、もっと多くの方々に聴かれて欲しいものであります。

記:2019/10/16

album data

THE JAZZ BROTHERS (Riverside)
– Mangione Brothers Sextet

Chuck Mangione (Trumpet)
Larry Combs (Alto Sax)
Sal Nistico (Tenor Sax)
Gap Mangione (Piano)
Bill Saunders (Bass)
Roy McCurdy (Drums)

1960/08/08

YouTube

動画でも語っています。

ジャズカテゴリの最新記事