音版「カフェモンマルトル」(YouTube)もやっています♪

レーシック手術 3ヵ月後検診

レーシック手術 3ヵ月後検診

bigfish

本日、眼の検診へ行ってきました。

レーシック手術を受けて3ヵ月後の検診です。

本当は、もう3ヶ月以上経っているんですが、今日しか空いてなかったのよ。

最後の検診なので、いつもの検診よりも細かく、様々な角度からの検診を受けましたが、オール問題なし。

前回の検診から変わらず、両目ともに2.0でした。

ほっと一安心。

良かった、良かった。

これで視力下がってたら、どうしよ、俺って感じでしたよ。

視力回復してしばらくすれば、目の見える有り難さなんて忘れてしまうだろう、と思っていました。

しかし、そうでもないようです。

あいかわらず私は、眼鏡をかける鬱陶しさ、コンタクト着用の際わずらわしさとは無縁の、手ぶら状態生活を有り難く享受しています。

目が見えるっていいなぁ、世の中が明るいっていいなぁ、状態です(笑)。

私が治療を受けた病院は、銀座にある品川近視クリニック(銀座に品川とはヤヤこしいですが)というところですが、ここはアフターケアがしっかりしていて、むしろ手術後に好感度がアップした病院でした。

術後検診は、1日後、1週間後、1ヶ月後、3ヵ月後の4回あり、細かくケアをしてくれます。

ま、目はデリケートな器官ですから、それぐらいのケアは必要なのでしょうが。

検査の料金は無料で(ま、手術台に含まれているんだろうけど)、システマチックではあるけれども、安心感もあります。

もし、視力回復に関心がある人は覗いてみてください。

http://www.shinagawa-lasik.com/index.html

ちなみに、もし手術をしよう!と思い立った方がいらっしゃれば、よろしければ私のほうから紹介しましょう。

5000円、手術料金が安くなります。

というか、私のほうにも紹介料がバックされるんですけどね(笑)。

んでもって、まったく関係ないのですが、帰りに本屋さんに寄って、立ち読みをした後、本を買いました。

本日買った本は、中山康樹『大人のジャズ再入門―マイルスとブルーノートを線で聴く』、そして、本日読んだ本は、菊地 成孔、大谷 能生『東京大学のアルバート・アイラー―東大ジャズ講義録・キーワード編』でした。

あいからわず、脳内はジャズジャズしています。

記:2006/05/09

健康カテゴリの最新記事