音版「カフェモンマルトル」(YouTube)もやっています♪

レニー、プリンス、フィル・ウッズ。「れ」のつく言葉はレオナルド・ダ・ヴィンチ。

レニー、プリンス、フィル・ウッズ。「れ」のつく言葉はレオナルド・ダ・ヴィンチ。

gaisya

レニー・クラヴィッツとプリンス

昨日は久々に家に帰って、何日も入っていなかった風呂に入り、ビール飲んで、ご飯食べて、って久々に「うーん満足!」な普通の夕飯を食べられました。

編集部で味わうダラダラとした緊張感も嫌いではないのですが、風呂とビールで

そして、深夜、数日続いた仕事での精神的疲れを癒しに近所の音楽バーへ。

こういうときはお酒を飲みながら、ダイレクトに音で心を叩いてくれる音をバシン!と聴きたかったのでレニー・クラヴィッツを持参し、かけました。

うーん、たまに聴くとすごくいいねぇ。
何度も繰り返してかけてしまいました。

閉店近い時間になると、常連の女性がやってきました。
で、話題がプリンスに。

プリンスが大好き、とくにあの目がイヤらしくて、いつも写真を見ては犯された気分になってしまう、のだそうです。

んじゃあプリンスでも聞きますか。

家から、10数枚プリンスのCDを持参して、何曲かかけました。

以下のアルバムから一曲ずつ、ね。

あとは、最後に4ビートものも聞きたくなったので、フィル・ウッズの『若かりし日』で締め。

イントロはクサいけれども、こちらの気持ちをハードにガンガンとノックしてくる痺れる4ビートなのです。ハードロックを聴いているつもりで聞けるジャズですね。

いつか「音聴き会」でかけたいものです。

ダヴィンチ・コード

そういえば、私が参加できなかった先日の授業参観でしたが、後で話を聞くと息子はいろいろと張り切っていたようです。

とくに、国語の時間、先生に「れ」のつく言葉は? と聞かれたときに、「レオナルド・ダ・ヴィンチです。」と答えたときは、親のほうから「ほぉ~」という声があがったそうで(笑)。

この前、『ダヴィンチ・コード』の話をしたことがあるので、それを覚えていたのでしょうね。

『ダヴィンチ・コード』という映画や本自体には、あんまり興味の無い私なのですが、それでも見ちゃうんだろうなぁ。
『アメリ』のオドレイ・トトゥも出ているしね。

記:2006/05/23(from「趣味?ジャズと子育てです」)

雑想 雑記カテゴリの最新記事