カフェモンマルトル

ジャズと映画と本の日々:高野雲

アバウト・レイ 16歳の決断 2018年2月3日 全国ロードショー

   

Pocket

about

本当は男の子のレイ、恋多きシングルマザー、レズビアンのおばあちゃん。
人生の途中にある、家族の物語。

ナオミ・ワッツ、エル・ファニング、スーザン・サランドン3世代演技派女優が競演!!

『リトル・ミス・サンシャイン』の製作チームが贈る、不器用でも愛おしい家族の物語。

『マレフィセント』のオーロラ姫役で一躍人気を博し、ソフィア・コッポラの新作など出演作が相次ぐエル・ファニングがトランスジェンダーの主人公・レイを熱演。

そして、アカデミー賞に2度のノミネートを誇るナオミ・ワッツが、恋多きシングルマザー・マギーに、名優スーザン・サランドンが、破天荒なレズビアンのおばあちゃん・ドリーに扮します。

最初は「レイの決断」に戸惑いながらも、次第に誰よりもレイの一番の理解者となっていく二人。
ぶつかり合い、傷つけ合っても、家族だから何度もやり直せる。新しい時代の新しい家族の形が、観る者に大きな愛を惜しみなく与えてくれる、感動の物語が誕生しました。



スポンサーリンク



story

16歳になり、本当の自分を求め、身も心も男性として生きたいとカミングアウトした主人公・レイ(エル・ファニング)。
医者から受け取ったホルモン治療についての見慣れない資料に呆然とするシングルマザーのマギーは、動揺を隠せなず、不安を打ち消すかのように近所に住む青年と一夜を共にする。

一方、すでにレズビアンであることをカミングアウトし、パートナーと暮らしている祖母ドリーは、レイの決断を密かに応援していた。

髪を短く切り、身体を鍛るなど努力を重ねるレイは、少しずつ“本当の自分”に近づき生き生きしていくレイ。

そんな姿を見てマギーは、意を決し何年も会っていない別れた夫に、治療の同意書のサインをもらいに行くのだが、そこでまさかの“家族の秘密”が明らかになる!

data

監督:ゲイビー・デラル
製作:ドロシー・バーウィン、ゲイビー・デラル、マーク・タートルトーブ、ピーター・サラフ
製作総指揮:ナオミ・ワッツ、ピーター・パストレッリ、リア・ホルツァー、ダニエレ・メリア
脚本:ニコール・ベックウィズ、ゲイビー・デラル
撮影:デビッド・ジョンソン
美術:ステファニー・キャロル
衣装:アージュン・バーシン
編集:ジョセフ・ランダウアー
音楽:マイケル・ブルック
音楽監修:ジョー・ラッジ
キャスト:エル・ファニング、ナオミ・ワッツ、スーザン・サランドン、テイト・ドノバン、リンダ・エモンド、サム・トラメル

原題:3 Generations
製作年:2015年
製作国:アメリカ
配給:ファントム・フィルム
上映時間:92分
映倫区分:G

2018年2月3日(土)、新宿ピカデリーほかにて、全国ロードショー!.

記:2017/11/23

 - 映画 ドラマ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。