カフェモンマルトル

text:高野雲

*

アントニオ姐さん(山本彩)死亡『マジすか学園5』第5話

      2017/04/18

antonio

相次ぐ「死亡」

第一話⇒ソルト(島崎遥香)死亡

第二話⇒バカモノ(川栄李奈)死亡

第三話⇒コビー(渡辺美優紀)死亡

次々と、『4』時代のおなじみのキャラが毎回一話に一人ずつ死んでいくなか、第四話は誰も死ななかったなぁ……と安心しているのも束の間、

第五話⇒アントニオ(山本彩)死亡



sponsored link



眉間に命中

うへぇ、しかも今回は胸を撃たれるだけではなく、銃弾がアントニオ姐さんの眉間に命中しているので、もうこりゃ「生き返る」、「じつは生きていた」という線はまったく希望を持てないでしょうね。

『男塾』としての『マジすか学園』

私は、以前『少年ジャンプ』で人気だった『男塾』が好きで、コミック本も全巻そろえているほどなのですが、『マジすか学園』も心のどこかで『男塾』的な文脈で鑑賞しているところがあるようです。

細かい矛盾など、どーでもいい。

一人ひとりのキャラクターがキャラ立ちしていればいるほど良い。

とにかく、エッジの立ったキャラとキャラがぶつかり合ってくれれば、それが面白い。

というような目線で見ているところがあり、特に今回の『5』に関しては、王大人(ワン・ターレン)が中国四千年の医術のかぎりをつくして、もしかしたら、ソルトをはじめとした死亡キャラを生き返らせる(もしくは瀕死の重傷だったところを中国四千年の医術で、実は一命をとりとめていた)というようなアホな妄想を抱いていたのですが、さすがに眉間に銃弾直撃であれば、王大人とその手下の技術をもってしても不可能でしょう。

しかも、アントニオ姐さんの死体と共に竜頭組の車もろとも、チャイニーズマフィアの手下っぽい弁護士によって爆破されてますからね。

これじゃあ蘇り路線はまったく希望がもてなくなりそうです。

しかも、来週はみなみ(高橋みなみ)が死ぬようだし、なんだか、どんどん人が死んでいきますなぁ、今回の『マジすか学園』は。

「そして誰もいなくなった」的な終わりになる予感がしなくもないけど、どういう形で最終回を迎えるのか、現段階ではまったく予想できません。

記:2015/09/09

●関連記事
>>ソルト死亡、バカモノりっちゃんも死亡! コビーまでも死亡!マジすか学園5

>>激尾古高校・看護課No.2こびー(渡辺美優紀)の苦悩/マジすか4

 - 映画 ドラマ , ,