ヘイフラワーとキルトシュー/試写レポート

      2016/05/04

Pocket

hayflower

もうとにかく、「かわいい~!」の一言につきます。

しっかりものお姉ちゃんのヘイフラワーと、わがままし放題のキルトシューも、ふたりとも、とってもキュート!

着ている服も、とても可愛いです。

フィンランドの映画です。

北欧というと、曇り空をイメージしがちですが、この映画からは、太陽の匂いがします。

暖かい陽光が照らす、森、畑、家。

とても綺麗に太陽の光をフィルムに封じ込めていると思いました。

最初から最後まで、ぽかぽか暖かい。

日だまりの匂いがする。

とてもほのぼのとしたお話で(ま、当人たちにとってみれば大きな問題なんだろうけどね…)、大きなクライマックスやドンデン返しはないのだけれども(だからストーリーはあえて書かない)、観ている間は、終始、微笑みを絶やさない状態です。

観終わったあとは、なんだか、とっても優しい気分になれること請け合いです。

あ、あと「スパゲッティーヤ」が食べたくなります。

あ、これはパスタのフィンランドの発音です。

あと、やっぱり色彩のセンスが素敵ですよね。

フランス映画にも多いんですが、原色がちっとも下品じゃない。

このへんの派手だけれども、派手じゃない色彩感覚って、淡い色彩をどちらかといえば好む我々日本人にとっては、とても勉強になるんじゃないかな。

可愛いモノが大好きなセンスのよい女の子は、是非、観に行こう!

この世界は、ハマれば、ちょっとクセになるかも。

すでに、もう一回観てみたいオレ(笑)。

観た日:2005/08/08

movie data

ヘイフラワーとキルトシュー
監督:カイサ・ラスティモ
原作:シニッカ・ノポラ、ティーナ・ノポラ
製作:マルコ・ラウハラ
脚本:カイサ・ラスティモ、マルコ・ラウハラ
出演:カトリーナ・ダヴィ、ディルダ・キアンレト、アンティ・ヴィルマヴィルタ、ミンナ・スローネン、メルヤ・ラリヴァーラ、バイヴィ・アコンベルト、ロベルト・エンケル、ヘイキ・サンカリ ほか
2002年
フィンランド

記:2005/08/09

 - 映画 ドラマ , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。