カフェモンマルトル

text:高野雲

*

『機関車先生』を子どもに見せた

      2016/04/29

setonaikai

先日、『機関車先生』のビデオを借りてきて息子に見せました。

私は試写会で見たので、見ませんでした。息子が一人で見ていました。

別の部屋でプラモデルを作ったりしていた(笑)。

見終わった後、「どうだった?」と聞いたら、「うん、なかなかイイ映画だね。いい話だよ、うん」だってさぁ。

エラそうに(笑)。

役者の訓練を受けているがゆえ、逆に、演技演技しすぎている生徒の演技が鬱陶しいこともありますが、全体的には、非常に誠実で丁寧に作られた映画だと思います。

男版の『二十四の瞳』、かな?

ちなみに、うちの編集部でバイトしている女の子(日芸在学中)によれば、子役の演技がクサ過ぎて見てられなかった、とのことです。

まぁ、そうかもしれないけど……。

記:2006/01/06(from「趣味?ジャズと子育てです」)

●関連記事
>>『機関車先生』を子どもに見せた

 - 映画 ドラマ ,