カフェモンマルトル

text:高野雲

*

MARS~ただ、君を愛してる~/試写会記

      2017/05/23

mars

藤ヶ谷太輔・窪田正孝のキスシーン

「藤ヶ谷太輔と窪田正孝のキスシーン」という話題で注目を集めている映画だったんですね。

試写を見終わり、ネットをつらつらとサーフィンしていたら、このようなトピックスが散見されたので、ああそういえば、そういうシーンがあったっけかな?って感じで、観終わった後に「そうか、そういえば」って感じでした。

ま、それだけ、そのシーンに至るまでの過程が自然だったために、特に気にならなかったのかもしれません。



sponsored link



デートムービー

この映画も、先日書いた『オオカミ少女と黒王子』評と同様の感想です。

>>オオカミ少女と黒王子/試写会記

女子中学生、女子高生、あるいは、おませな小学校高学年のティーン(十代)の女子が藤ヶ谷太輔や窪田正孝を観てキュンキュンするためのムービーでしょう。

あるいは、デートムービーとしては楽しめるのではないでしょうか。
とはいえ、この映画を積極的に進んで観てみようと思う男子ってそうはいないと思うので、やはり女子が男子を誘うための映画でしょうね。

もっとも、これに付き合った男子、退屈せずに面白く観れるのかなぁ?って感じはしますが。

十代の女子が抱く典型的なカッコいい男子の理想像の「光」の部分を藤ヶ谷太輔が演じ、「闇」の部分を窪田正孝が演じるという役割分担とキャラ設定がキッチリしているため、自分

だから、自分はキスマイの藤ヶ谷派かな?とか、いや、異常なぐらい思い入れの強さが殺気だった空気を醸し出す瞬間のある窪田正孝も捨てがたいなどと心情移入しながらストーリーをなぞって楽しむことが出来ると思います。

『別冊フレンド』に連載されていた原作は読んだことがないのですが、原作の表紙に描かれている主人公の樫野零のルックスと、彼を演じる藤ヶ谷のイメージがかなり違うように見えるんだけど、原作に没入してるコミックのファンは映像化されたこの作品をどう捉えるんだろう?
ちょっと興味がありますね。

足立梨花

個人的にツボだったのは、まめりんがちょっとだけ登場すること。

まめりんとは、NHK連ドラの『あまちゃん』で、有馬めぐ、通称まめりんを演じていた足立梨花です。

彼女、『あまちゃん』の時もそうだったし、月9の『ようこそ我が家へ』でもそうだったけど、性格悪い女の子を演じることが多いですよね。

ルックスとスタイルは良いんだけれども、性格がキツいという絵に描いたような分かりやすいパターンのキャラを演じるにはもってこいの女優なのでしょう。

そんな足立梨花さんですが、今回も、「絵に描いたようなキャラ」を分かりやすくビシッ!と演じてくれましたよ。

主人公・樫野の元カノ役で登場。

樫野(藤ヶ谷太輔)の頬をピシャッ!と爽快にビンタをする姿は、なかなかサマになっていましたね。

本当はそれほど悪い性格ではなかったというオチもあるのですが、「登場⇒罵詈雑言⇒ビンタ」の流れは、足立梨花ならではのタイトな緊張感ある空気観が醸しでていましたね。

男子で藤ヶ谷太輔見たさで、この映画を積極的に観ようという人はあまりいないかもしれませんが、まめりん足立梨花ファンの男子だったら、このシーンだけでも観る価値アリ?!

観た日:2016/06/07

movie data

監督:耶雲哉治
原作:惣領冬実
脚本:大石哲也
音楽:牧戸太郎
出演:藤ヶ谷太輔、窪田正孝、飯豊まりえ、山崎紘菜、稲葉友

記:2016/06/09

 - 映画 ドラマ , ,