カフェモンマルトル

text:高野雲

*

劇場版マジンガーZ INFINITY 2018/01/13 日本公開

   

Pocket

about

世界消滅の時、魔人、現る。

原点にして頂点。
伝説が今、甦る。

2018年1月-人類が呼び醒ますのは神の力か、悪魔の力か?!

1972年に誕生し、アニメの常識を根底から覆した作品「マジンガーZ」は、希代の天才・永井豪が考案した「乗り込み型ロボット」とい全く新しいアイデアで生み出された。

その人気は海を超え、スペインでは視聴率70%超、フランスでは同シリーズである「グレンダイザー」が視聴率100%を記録したと言われ、今なお世界中に巨大なインパクトを与え続けている。

日本を始め世界中で爆発的ヒットを放った伝説的コンテンツが半世紀の時を超えて現代に復活!
永井豪が作り上げた世界観に新たな物語が構築された本作には、超豪華声優陣が名を連ね、日本最高峰のスタッフが終結し、「Z」の権化・水木一郎のあの名曲も響き渡る!

2018年、いま新たな伝説の幕が上がる。



スポンサーリンク


世界先行公開

日本公開に先駆けて、本作は「世界先行公開」が決定している。

世界初となるイタリア公開日が10 月31 日(火)、イタリアのローマで行われる「第12回ローマ国際映画祭」の公式招待作品に選定されている。

story

かつて「鉄(くろがね)の城」と呼ばれたスーパーロボット「マジンガーZ」とそのパイロットの兜甲児の活躍により、世界征服を目論む悪の天才科学者Dr.ヘルの野望を打ち砕いた人類は平和な時を過ごしていた。

その戦いから10年後、超巨大遺跡《インフィニティ》の出現と、それに呼応するように謎の復活を遂げたDr.ヘルにより、人類は再び滅亡の危機に陥ることになる。

絶体絶命の状況下の中、伝説のパイロットが下す決断とは?

data

監督:志水淳児

原作:永井豪

脚本:小沢高広

メカニックデザイン:柳瀬敬之

キャラクターデザイン:飯島弘也

美術:氏家誠

CGディレクター:中沢大樹、井野元英二

助監督:なかの★陽

音楽:渡辺俊幸:

オープニングテーマ:水木一郎:

制作:東映アニメーション

声の出演:森久保祥太郎(兜甲児)、茅野愛衣(弓さやか)、上坂すみれ(リサ)、花江夏樹兜(シロー)、高木渉(ボス)、山口勝平(ムチャ)、菊池正美(ヌケ)、森田順平(弓首相)、島田敏(のっそり博士)、塩屋浩三(せわし博士)、石塚運昇(Dr.ヘル)

製作年:2018年

製作国:日本

配給:東映

記:2017/10/05

 - 映画 ドラマ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。