カフェモンマルトル

ジャズと映画と本の日々:高野雲

ミッドナイト・バス 2018年1月20日より有楽町スバル座ほか全国ロードショー

   

Pocket

story

道の先が分かっていても、いつだって 家族はそこにいる。
長いトンネルを抜けると、あなたがいてくれた。

長距離夜行バスの運転手・高宮利一が運転するバスに、16年前に別れた妻・美雪が偶然、客として乗車してくる。

美雪は、怪我をした父の面倒を見るため東京から新潟へ通っているという。

また、利一と美雪の息子・怜司と娘・彩菜も、それぞれの理由で故郷の新潟で過ごす時間が増えていた。図らずも新潟で時を過ごすことが増えた元家族の4人は、それぞれの心に向き合うこととなる。

新潟と東京を行き交う深夜高速バスの運転手を主人公に、別れた元妻、息子、娘。そして現在の恋人との葛藤のなかで、一度壊れた家族がもう一度向き合い、それぞれの人生の一歩を踏み出して再出発していく姿を描いた物語。



スポンサーリンク



about

この夜を越えたら、きっと希望が待っている。

直木賞候補の傑作ヒューマンドラマ、伊吹有喜の同名小説『ミッドナイト・バス』(文春文庫刊)の完全映画化。

主演は、俳優としても活躍著しい原田泰造。
関越トンネルを挟んで「父性」と「男性」を往ったり来たりする難しい役柄を見事に演じきっている。

主人公の元妻・加賀美雪に、山本未來。かつて残してしまった子どもへ負い目を感じつつも利一の優しさに心乱れる元妻を熱演。

また演技派女優・小西真奈美が、ひたむきに利一を想う天真爛漫な恋人・志穂を切なく演じ、幼い頃置き去りにした母を許せず葛藤する兄妹を、若手俳優の七瀬公、NHK連続小説『わろてんか』の主演に抜擢された注目株、葵わかなが好演している。

そしてベテラン・長塚京三が、認知症を患う美雪の父・山辺敬三役で存在感を発揮。

監督は、東陽一、藤田敏八、大林宣彦、原田眞人、エドワード・ヤン、根岸吉太郎といった錚々たる名匠の作品で助監督経験を積んできた竹下昌男。
自身の長編映画初監督作品にして原田の初主演映画『ジャンプ』以来、原田とは2度目のタッグとなる。

data

監督:竹下昌男
原作:伊吹有喜
製作:竹下昌男、渡辺美奈子、小田敏三、星野純朗
プロデューサー:本間英行、遠藤日登思
脚本:加藤正人
撮影:丸池納
照明:山川英明
録音:白取貢
美術:飯塚優子
編集:奥原好幸
音楽:川井郁子
助監督:佐野友秀
制作担当:間口彰
ラインプロデューサー:姫田伸也
キャスト:原田泰造、山本未來、小西真奈美、遠藤雄弥、渡辺真起子、遠山俊也、佐藤恒治、マギー、舞川みやこ、長谷川玲奈、葵わかな、七瀬公、長塚京三
製作年:2017年
製作国:日本
配給:アークエンタテインメント
上映時間:157分
映倫区分:G

記:2017/11/22

 - 映画 ドラマ , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。