カフェモンマルトル

text:高野雲

*

仮面ライダーNEXT/試写レポート

      2015/05/25

Pocket

rider_next(C)2007 仮面ライダー THE NEXT 製作委員会
(C)2007 石森プロ・東映

先日、V3の登場で公開前から話題沸騰の『仮面ライダーNEXT』の試写に行ってきました。

大人向きのリメイク仮面ライダー。

2年前に公開された『ザ・ファースト』の続きですね。

感想は……。

ストーリー、脚本、演出などについて書くと、スゲーこと書いてしまいそうなので、今回は、良かった点、面白かったところを3つだけ箇条書きにしてみたいと思います。

1、モッチー健在!

「仮面ライダー響鬼」を見ていた人には、もうおなじみのモッチー(森絵梨佳)。明日夢君のガールフレンドの持田ひとみ役をやっていた子です。

彼女は、今回は、国民的アイドルの役で出ています。アイドルのメイクや衣装、歌い方が、滅茶苦茶ツボにはまっていて可愛い!のです。

悪いけど、今現在の現実に存在するどのアイドルよりも、ベタにアイドルしており、これはかなりハマり役(笑)。ま、これだけじゃないんですが、このストーリーの重要なカギを握ることは確かな女の子です。

2、石田未来!!

この子は、この映画で初めて知ったんですが、志田未来にそっくりでビックラたまげた。

志田未来を3つぐらい大人にした感じ。

特に、不機嫌な顔した志田未来にうり二つで、一瞬お姉さんかと思ったほどであります。

で、名前を見ると、石田未来。

顔もそっくり、名前もそっくりと、これは何かの偶然か、狙っているのか?と穿ってしまうほど。

もっとも、名前の読み方は、志田未来は、「みらい」で、石田未来は、「みく」と違うんですけどね。

3、闇に光る眼!

女の子のことばかり書いてますが(笑)、リファインされたライダーだって、やっぱりカッコいい。

特に、劇中では語られていませんが、「The First」から経過した2年の歳月の間、幾度かショッカーとの戦いがあったこと、彼らのマスクが物語っています。

このマスクのウエザリング(汚し)が絶妙で、戦車のプラモが大好きな私からしてみれば、「く~っ!たまらん」なのですよ。

特に、1号よりも2号のほうが、戦いで大変だったんじゃないかと思われます。あくまで汚れの度合いからの判断だけど。

で、1号も2号も、眼が光るんですわ。

暗闇で。

ダークで汚れたマスクの大部分を占める赤ピンクな大きな眼が、ふわ~っと光るのですよ。

もちろん、前作でも効果的に眼が光っていましたが、闇に生える、1号ライダーの赤ピンクの眼の光、これがゾクッとくるのですね。

ウルトラマンが光のヒーローだとすると、ライダーは明らかに闇のヒーロー(最近のライダーはその限りではありませんが)。

ライダーは、正義のヒーローには違いないけれども、拭い去れないダークな佇まいがあるからこそ、好奇心の強い子供に受けたのだと思います。

ライダーが本質的に持つダークな側面を、闇に光る赤ピンクの複眼が象徴しているかのようでした。

正義のヒーローなんだけれども、どこかしら漂う得たいの知れないヤバさ、怖さ、宿命的に背負ってしまった悲しみ、底知れぬダークな側面。

夜の闇の中、ショッカーと戦う1号ライダー、油で汚れ、傷ついたマスクから、うす柔らかにふわ~っと浮かびあがるように点灯する赤ピンク色の眼。このシーンさえあれば、もうどんなストーリーであれ、仮面ライダーの本質は失われることはないのです。

逆に、これがなければ、ライダーはライダーじゃなくなる。

太陽光がサンサンと降り注ぐ中でのライダーキックもそれはそれでカタルシスなのですが、やっぱりライダーは夜が似合うダークヒーローなのだということを、改めて1号ライダーの眼が教えてくれました。

で、肝心なV3は?

ノーコメント(笑)。

V3の雄姿は、劇場でお確かめください。

仮面ライダー THE NEXT [DVD]仮面ライダー THE NEXT [DVD]

記:2007/08/23

●関連記事
>>『仮面ライダー The First』で、元気をチャージ

 - 映画 ドラマ , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。