カフェモンマルトル

text:高野雲

*

怪談 新耳袋〔劇場版〕/試写レポート

      2016/04/29

Pocket

怪談新耳袋 劇場版 [レンタル落ち]怪談新耳袋 劇場版

8つの短編怪談が収められた映画だ。

作品は、「夜警の報告書」、「残煙」、「手袋」、「重いッ!」、「姿見」、「視線」、「約束」、「ヒサオ」の8編。

「視線」の堀北真希が可愛かった。

「重いッ!」の井上晴美の一人演技も秀逸。

あと、マンションのリヴィングルームにあらわれた“とてつもなく大きな女”がインパクトだった。
ありゃぁ、なんだかスゴイわ。

巨大でオドロオドロしいルックスと、それとは裏腹な事務的なボイス。
このギャップとアンバランスさが醸し出す“怖っぽさ”。

一生懸命に“新種の怖さ”を作り出そうとする製作者の意気込みが伝わってきた。

「面白い」というと語弊があるが、「怖い」というよりは、なかなかユニークな発想の新種のお化け(?)だったと思う。

もちろん、あんなの部屋にいたらイヤだけど、まぁ、こういう種類のお化けは、今までにはいなかったので、新しいといえば新しい。

そういった意味では「約束」がオススメかな。

もっとも出てくるフリーターの若者役の役者の老けたルックスが、あまり自由きままなフリーターには見えなかったけど。

それと、「面白い」を通り越して、「笑う」しかなかったのが、「姿見」かな。

shinmimibukuro

これはもう、恐怖というよりはビックリって感じですね。
インパクト一発!
人によっては、トラウマになるのかな?

観た日:2004/06/30

movie data

製作年 : 2004年
製作国 : 日本
監督 : 吉田秋生、雨宮慶太、佐々木浩久、鈴木浩介、平野俊一、豊島圭介、三宅隆太
出演 : 竹中直人、林 泰文、嶋 大輔、坂井真紀、坂上香織、高岡早紀、上条誠、堀北真希、井上晴美、曽根英樹、小野寺昭、坂上香織、佐藤康恵、林康文、大沢樹生、北村一輝、烏丸せつこ ほか
配給・宣伝 : スローラーナー
公開 : 8月中旬より渋谷シネ・ラセットにてロードショー

記:2004/07/01
 

 - 映画 ドラマ , ,