鉄コン筋クリート/試写レポート

      2015/12/22

Pocket

thai

先日、『鉄コン筋クリート』の試写を観ました。

10年以上前に、『ビッグコミック・スピリッツ』に連載されていた松本大洋のコミックですが(『ピンポン』の1つ前の作品ですね)、当時はむさぼるように読んでいたものです。

今回のアニメ化にあたって、監督は外国人監督だという話は聞いていましたが、大丈夫かいな? という一抹の不安はありました。

なにせ、松本作品は独特なテイストがありますからね。

しかし、それは杞憂でした。

一言、素晴らしい!

これは、是非、息子を連れて観に行かねば、な出来でした。

なにがいいって?

まずは、蒼井優!

やっぱ、彼女天才だわ。

シロの声を蒼井優が担当しているのですが、いやはや、シロ以上にシロな存在感を出しまくっていました。

正直、コミックを読んでいたときは、私はクロ派で、シロの存在がちょっと鬱陶しく感じているぐらいでしたが、この映画を見てからというもの、断然シロ派になってしまった(笑)。

それぐらい、声が生きている、表情、ニュアンスに富んだ声表現。蒼井優は声優だけでも立派にやっていけます。

少なくとも、ジブリ作品のように、大物を声優に起用するはいいんだけれども、妙に絵と声のチグハグ感が出ている場合もあり、逆にそれがいい味を生んでいるといったややこしい味わいはなく、ストレートに声と動画が一致している爽快感を感じられました。

彼女のシロの声を聞くだけでも、映画館に足を運ぶ価値アリ。

それと、映像が綺麗ですね。

とくに、高度経済成長期の東京の町並みに、東南アジアのテイストを盛り込んだ独特な世界像をもつ「宝町」。この奇妙にノスタルジックで、いい感じにくたびれた町並みの描写が、非常にリアル。松本大洋独特の世界観をうまく拡大バージョンアップして描きだしていました。

いやはや映像の美しさを味わうだけでも、映画館に足を運ぶ価値あり。

ストーリーは、ほぼコミックに忠実な内容。

あという間の2時間弱でしたね。

松本大洋好きは、これは観ておいたほうが良い。です。

間違いなく、高野雲ちゃん、本年度オススメアニメ映画のナンバーワンです。

今月23日より公開されます。

ラストのアジアン・カンフー・ジェネレーションの挿入歌も世界観にピッタシ!

みんなで観に行こう!

記:2006/12/06(from「趣味?ジャズと子育てです」)

 - 映画 ドラマ , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。