カフェモンマルトル

text:高野雲

*

東京日和/鑑賞記

      2015/05/25

Pocket

mado

竹中直人監督の『東京日和』を観た。

2回観た。

レンタル屋で借りて観た。

写真家・荒木経惟&陽子夫婦の生き様をそのまま映画化したわけじゃなく、あくまで、彼ら夫婦からインスパイアされた全く別の夫婦の物語だった。

映像の色合いがとても綺麗だった。

とくに、ひまわりの花びらの黄色が深かった。

画面の構図が、どこを切り取っても一枚の写真になりそうだった。

竹中直人の演技がよかった。

「陽子、陽子」と奥さんを大事にしている姿、なんだか高村光太郎の『智恵子抄』を思い出してしまった。

ほんの少し狂った中山美穂が良かった。

ボートの上に横たわって寝ている中山美穂の姿と、写真が良かった。

広いテラスのあるマンションの部屋が良かった。

住んでみたいと思った。

テラスから望む風景、妻の死後は、赤い屋根の家が建っている、という時間の経過を風景でさり気なく描写しているのが良かった。

ベッドではなく、畳の部屋に布団を敷いて寝る生活スタイルが、我が家と同じなので嬉しかった。

浅野忠信の「普通の人っぷり」が良い味を出していた。

中島みゆきのバーのママっぷりもハマッていた。

松たか子は相変らずイモだなと思った。

グランドピアノのような型をした石が面白いと思った。

猫が可愛かった。

音楽が坂本龍一だった。

歌が大貫妙子だった。

淡々と綴られた、静かな夫婦の愛の一つのカタチ。
彼らの幸せって、ささやか過ぎて、とてもコジンマリとしていて、なんだか涙が出てきてしまう。

とっても緩く胸を締め付けられた感じ。

全体的にとても静かな感じだった。

……だけど、どうしてだろう、全体的には、なんかイマイチだった。

でも悪くはないんだけど。

切ないんだけど、切なさ過ぎきれてないからなのだろうか?(←ヘンな日本語)

東京日和 [DVD]東京日和 [DVD]

記:2001/10/28

 - 映画 ドラマ , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。