カフェモンマルトル

ジャズと映画と本の日々:高野雲

オーディオ・スポンジ/スケッチ・ショウ

      2017/12/06

Pocket

audio sponge

大人のテクノ

YMOファンなら、もうお馴染みですね。
細野さんと幸宏氏によるSKETCH SHOW。

教授(坂本龍一)が参加している曲もあるので、実質上YMO再結成な瞬間もアリということですな。

YMOと謳っちゃうよりも、こういう切り口での“ある意味再結成”な感じも自然体で良いのかもですね。
自然体、といえば、サウンドも自然体、です。

きばらずに。心地よく。
でも、キチンとエッジも立ったサウンド。

ゆえに、なんて言うんでしょう、語弊もあるかもしれませんが、「大人のテクノ」といったところでしょうか。



スポンサーリンク



YMOで育ったぼくら

リアルタイムで彼らの音を体験していたYMO世代のボクらは、彼らが新作を出すたびに、熱狂したり、ビックリしたり、戸惑ったり、一生懸命理解しようとしたり、でもって、結局は最終的に、確実に自分の体内の細胞の一部としてしまっていたわけで、つまり、気恥ずかしい言い方をしますと、僕はYMOとともに少しずつ成長してきたわけです。

いや、YMOのおかげで、少しずつ成長させてもらいました、と言っても過言ではないほど、彼らとともに人生において一番多感な時期を過ごしてきたわけです。

で、YMOが散解しちゃってからも、色々な音楽を聴いたり、色々な人生経験を重ねて、いつのまにか、いっちょ前な大人になっていたたボクなわけですが、つかの間の再結成の『テクノドン』のサウンドも、そして、このスケチショウのサウンドも、すんなりと、なんの違和感もなく、あたかも細胞にサウンドの一音一音が染み込むようにスンナリと入ってきたのですね。

今でも仲良くやってます

YMOのメンバーの皆さんも「散解」してから、いろいろあって、やっぱり成長していたし(いや、べつに以前のサウンドが子供だったとか、そういう意味ではなくて)、それが、ボクの成長速度に見合った進化、いや深化っぷりだったので、嬉しいのです。

ゆえに、ボクは彼らのサウンドを本当に自然に内部に取り込むことが出来たのでしょうね。昔のように様々な感情の起伏を使うことなく。

で、多くのファンもそうだったんでそうが、やっぱり私も、パッケージの「今でも仲良くやってます」に頬を緩ませたり、《Gokigenikaga》にニヤっとしたりと、いたしました。

心地よい!

ま、そんなこんなことを全く考えずとも、そう、YMOを聴いたことの無い人にだって、滅茶苦茶オススメですからね。

心地よさ。

サウンドも。もちろんクスグッタいぐらいにツボを突きまくりで気持ちいいのですが、やはり細野さん、幸宏氏の声は渋い!

album

AUDIO SPONGE (cutting edge)
- Sketch Show

1. Turn Turn
2. Wonderful To Me
3. Microtalk
4. Wilson
5. Supereme Secret
6. Do You Want To Marry Me
7. GOKIGEN IKAGA 1・2・3
8. Reform
9. Flying George
10. Turn Down Day
11. Return
12. Theme From A Summer Place

Released:2002/09/19

 - 音楽 , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。