カフェモンマルトル

ジャズと映画と本の日々:高野雲

【打ち込み練習】バレエ/YMO(BGM)

      2017/05/24

Pocket

YMOのBGM

YMOの『BGM』は、YMOのアルバムの中では個人的にはベストに位置するアルバムです。

BGMBGM/YMO

『テクノデリック』も大好きなアルバムで、季節や気分によっては好きランキングが『BGM』と順位が逆転してしまうこともあるのですが、やっぱりアルバム全体を貫く統一されたダークなトーンと、アレンジのクオリティの高さからしても、完成度は『BGM』がもっともベストなんじゃないかと思っています。

一般的には、

BGM=坂本不調/Technodelic=坂本元気

と言われているようですが、なかなかどうして、私は『BGM』の教授(坂本龍一)の曲もシンセの音色も演奏も大好きですよ。

なんといっても『BGM』で最初に好きになった曲が《音楽の計画》、《ハッピーエンド》、《千のナイフ》ですから、全部教授の曲ですからね。

一般的には《キュー》が名曲との評価が高いですが、私の場合、今も昔も《キュー》はそんなに好きではないんですよ。

というか、レコード時代におけるB面は、あまり聴いてない時期があるほど、坂本龍一の曲が5分の3を占めるA面ばかりを聴いていた時期もありました(もっとも、B面は《カムフラージュ》や《マス》の2曲は大好きなんですけどね)。

では、A面の坂本ナンバーがアルバム『BGM』を代表するナンバーなのかといえば、そうとは考えてはいません。

《音楽の計画》は別にしても、《ハッピー・エンド》や《千のナイフ》は、焼き直しですからね。

トーン、色彩は『BGM』に合わせた作りにリメイク(ミックス)されてはいますが、このアルバムを前提に書き下ろされた曲というわけではないし。

やはり、本当に『BGM』らしい曲、『BGM』を代表する曲といえば、細野さんと幸弘氏の《キュー》だということは重々承知しつつも、やっぱり《ラップ現象》が好き(笑)。



sponsored link



BGMの玄関

なんだかよくわからなくなってはきましたが、要するにそれだけ『BGM』は思い入れの深いアルバムということなんです。

しかし、個人的に好きな曲や、アルバムを代表する曲などは置いておいて、やっぱり、この『BGM』というアルバムが持つ独特な色彩や世界観を代表し、かつアルバムの「玄関」ともいえる素敵な曲は《バレエ》であることは言うまでもありません。

《バレエ》のベースライン

ラストで執拗に繰り返される幸弘さんのヴォーカルがまるで催眠術にかけられているかのようで、とても心地が良いのですが、単なるロマンティックなナンバーではなく、「うーんやっぱりYMOらしいサウンドだよね」と思わせる、このナンバーのキモは、細野さんのベースだと思います。

打ち込みのシンセベースではるのですが、もろ細野さんのセンスが出まくってます。

基本、「ズンダカ・ズンダカ」といったシンプルなベースラインの繰り返しなのですが、しかし一筋縄でいかないのが、わざとズラしたかのようにシンコペーションが効果的に使用されているので、拍の頭を一瞬見失ってしまうんじゃないかと錯覚させるような「ズンダカ・ズンダカ」が素晴らしいのです。

単調なラインでも「置き場所」次第では、意外な効果を生み出すという好例なのでしょうが、この独特な「ズンダカ」があるからこそ、《バレエ》というナンバーを幸弘らしくもYMOらしいナンバーたらしめているんでしょうね。

打ち込み《バレエ》

で、今から20年近くも前のことなのですが、DTMのソフトを購入した際に、打ち込み練習もかねて、細野さん独特のベースラインを自分で打ち込んで、好みのボリュームで聴いてみようと思って作ったのがコレ。

ベースの音の輪郭を際立たせるために、ピアノの低音もブレンドしています。

歌はヘタくそなので入れてませんが、歌なしのオケを聴くことで、より一層、細野さん独特のベースラインを堪能できるんじゃないかと思います。

実際に打ち込んだ際は、シャキッ!パキッ!と一音一音の音の輪郭が、良くも悪くも、いかにもデジタル臭い感じなので、YouTubeにアップする際は、高域をあえてカットし、そのぶん低域を少々強調してコモッた音にブレンドしています。

個人的には『BGM』の魅力って、つや消しの魅力だと思うんですよね。

カラフルかつツヤツヤな音は、あまり『BGM』には似合わないんじゃないかな?というのが個人的には思っています。

もっとも、アップした動画をiPoneにイヤホンを差し込んで聴いてみると、想像以上にコモッてますね。

うーむ、まぁいっか。

記:2015/10/11

 - 音楽 , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。